このセクションでは、VMware が受信する情報の種類について説明します。

VMware では、拡張サポートであるカスタマー エクスペリエンス向上プログラム (CEIP) の一環として、組織の VMware ライセンス キーと関連付けて組織内での VMware 製品およびサービスの使用状況に関する技術情報を定期的に収集します。VMware 製品またはサービスの種類に応じて、次のような技術情報が収集されます。

  • 構成データ

    VMware 製品とサービスの構成方法に関するデータ。組織の IT 環境に関する情報も含みます。構成データとしては、VMware 製品のバージョン情報、製品環境情報、製品構成の設定、これらの製品およびサービスにアクセスするデバイスに関する技術データなどがあります。

  • 機能利用状況データ

    組織による VMware 製品の機能およびサービスの利用状況に関するデータ。機能利用状況データとしては、組織が使用する製品機能とユーザー インターフェイスのアクティビティのメトリック等があります。個人を特定できる情報は収集しません。

  • パフォーマンス データ

    VMware 製品およびサービスのパフォーマンスに関するデータ。パフォーマンス データとしては、VMware 製品およびサービスのパフォーマンスと規模のメトリック、ユーザー インターフェイスの応答時間、API 呼び出しの詳細などがあります。

  • 製品のログ データ

    製品の展開中に VMware 製品によって生成される製品ログ。通常、ログには製品の使用中に発生したシステム イベントや状態が記録されます。これらのログには、ユーザーのワークロード コンテンツは含まれません。