vRealize Operations を Skyline Collector に追加したり、編集したり、Skyline Collector から削除したりできます。

次の手順に従って、vRealize Operations を Skyline Collector に追加したり、編集したり、Skyline Collector から削除したりできます。

前提条件

重要:

Skyline Log Assist では、VMware グローバル サポート サービス (GSS) への vRealize Operations Manager サポート バンドルの転送はサポートされていません。Skyline Collector に追加された vRealize Operations Manager は Skyline Advisor の [Log Assist] ページには表示されません。

vRealize Operations Manager を Skyline Collector に追加するために使用するアカウントには、次の権限が必要です。製品使用データの収集にはこの権限で十分です。

  • vRealize Operations の読み取り専用ロール。

重要:

必要な権限をユーザー アカウントに割り当てる必要があります。必要な権限をグループに割り当て、そのグループ内のユーザー アカウントを使用して Skyline Collector に vRealize Operations Manager を追加しようとすると、Skyline Advisor 内での権限チェックに失敗します。

手順

  1. Skyline Collector で [構成 (Configuration)] をクリックします。
  2. [製品] で、[vRealize Operations] をクリックします。
  3. 次の 3 つのオプションのいずれかを選択します。
    オプション 説明

    vRealize Operations の追加

    新しい vRealize Operations を Skyline Collector に追加するには、[vRealize Operations の追加 (Add vRealize Operations)] をクリックします。Skyline Collector に vRealize Operations Manager を追加するには、手順 4 に進みます。

    vRealize Operations の編集

    vRealize Operations Manager を編集するには、[編集 (Edit)] をクリックします。

    vRealize Operations Manager では次のプロパティのみを編集できます。

    • アカウント ユーザー名

    • アカウント パスワード

    vRealize Operations Manager の編集が完了したら、[アップデート (Update)] をクリックします。

    vRealize Operations の削除

    Skyline Collector から vRealize Operations Manager を削除するには、[削除 (Delete)] をクリックします。

    vRealize Operations Manager を削除すると、Skyline Collector から vRealize Operations Manager が削除され、その vRealize Operations Manager の製品使用データの収集が無効になります。vRealize Operations Manager では、調査結果およびアップグレードの推奨事項は使用できません。

  4. [vRealize Operations の追加 (Add vRealize Operations)] をクリックした後、次の手順を実行して、Skyline Collector に vRealize Operations Manager を追加します。
    1. vRealize Operations Manager の FQDN または IP アドレスを入力します。
    2. vRealize Operations Manager に接続するためのアカウント ユーザー名を入力します。
      • user - ローカル vRealize Operations ユーザー。

      • user@authSource - ここで、「authSource」は vROps で定義されている認証ソース(「ソース表示名」)です。

      • user@domain@authSource - ここで、「domain」は Active Directory 構成のドメイン名、「authSource」は vROps で定義されている認証ソース(「ソース表示名」)です。

      • user@domain.com@VIDM - 別の authType に同じ authSource が存在する vIDM authType で定義された認証ソース「domain.com」を持つ外部 vRealize Operations ユーザー。

    3. アカウント パスワードを入力します。
  5. Skyline Collector への vRealize Operations Manager の追加を完了するには、[追加 (Add)] をクリックします。

結果

Skyline Collector に vRealize Operations が追加されました。Skyline Collector に別の vRealize Operations Manager を追加するには、これらの手順を繰り返します。