Skyline Collector に vRealize Operations を追加することができます。

Skyline Collector に vRealize Operations を追加するには、次の手順に従います。

前提条件

vRealize Operations Manager を Skyline Collector に追加するために使用するアカウントには、次の権限が必要です。製品使用データの収集にはこれらの権限で十分です。

  • vRealize Operations の読み取り専用ロール。

重要:

必要なロールをユーザー アカウントに割り当てる必要があります。必要なロールをグループに割り当て、そのグループ内のユーザー アカウントを使用して Skyline Collector に vRealize Operations Manager を追加しようとすると、Skyline Advisor 内での権限チェックに失敗します。

手順

  1. vRealize Operations Manager の FQDN または IP アドレスを入力します。
  2. アカウントのユーザー名を入力します。
    • user - ローカル vRealize Operations ユーザー。

    • user@domain.com - Active Directory、LDAP、または vIDM で定義された「domain.com」の認証ソースを持つ外部 vRealize Operations ユーザー。

    • user@domain.com@@vIDM - 別の authType に同じ authSource が存在する vIDM authType で定義された認証ソース「domain.com」を持つ外部 vRealize Operations ユーザー。

  3. ユーザーアカウント パスワードを入力します。
  4. Skyline Collector への vRealize Operations Manager の追加を完了するには、[追加 (Add)] をクリックします。

結果

Skyline Collector に vRealize Operations が追加されました。