Cloud Services 組織を作成します。Cloud Services 組織は、すべての VMware Cloud Services の論理コンテナです。

Cloud Services 組織は、ID とアクセスの管理、請求とサブスクリプション、開発、およびサポート センターを可能にします。

前提条件

お使いの My VMware アカウントが、会社が購入したサポート資格の最上位ティア(プロダクション/プレミア)に関連付けられており、本日サポート リクエストを発行するすべてのエンタイトルメント アカウント (EA) に関連付けられていることを確認してください。

My VMware アカウント情報の詳細については、ナレッジベースの記事 KB2011009を参照してください。

手順

  1. [開始 (Get Started)] をクリックすると、新しい Web ブラウザ ページまたはタブが開きます。VMware アカウントを使用してログインするように求められます。既存の My VMware アカウントを使用している場合は、同じアカウントの詳細(メール アドレス/パスワード)を使用して、Cloud Services にログインできます。
  2. 既存の VMware Cloud Services のお客様の場合は、Skyline の既存の Cloud Services 組織を選択できます。VMware Cloud Services を初めて使用する場合は [新しい組織の作成 (Create New Organization)] をクリックします。
  3. 組織名を入力します。組織に分かりやすい名前を付けます。これにより、お客様と VMware の双方が簡単に参照できるようになります。たとえば、会社名、または事業名に合わせた組織名を付けます。また、事業部門、部署、またはチームの名前を会社または事業名の末尾に追加することもできます。

    組織名の例は次のとおりです:

    会社、事業部門、会社の事業部門、会社-vSphere、会社-デスクトップ

  4. 組織のアドレスを入力します。[アドレスの追加 (Add Address)] をクリックします。既存のアドレスを選択することもできます(そのアドレスがアカウントにある場合)。既存のアドレスを選択した場合は [サブステップ f] に進みます。

    Cloud Services 組織の作成時に、国の通貨と税 ID が表示されることがあります。この情報を表示するのは、Cloud Services の構成の一部です。Skyline は追加コストなしで利用可能であり、Skyline を利用しているときに支払いの詳細を入力する必要はありません。

    1. ドロップダウン メニューから [国 (Country)] を選択します。
    2. [住所行 1] および [住所行 2](オプション)に住所を入力します。
    3. 市区町村を入力します。
    4. 州/都道府県を入力します。
    5. 郵便番号を入力します。
    6. Cloud Services 利用規約を確認します。[チェックボックス (checkbox)] をクリックしてサービス利用規約に同意します。
    7. [続行 (Continue)] をクリックします。

結果

Cloud Services 組織が作成されます。Cloud Services 組織は Cloud Console 内で管理できます。