vCenter Server で [OVF テンプレートの展開 (Deploy OVF Template)] ウィザードを使用して、Skyline Collector を展開できます。

Skyline Collector は OVA 形式で提供されており、[OVF テンプレートの展開 (Deploy OVF Template)] ウィザードを使用して vCenter Server に展開できます。

前提条件

手順

  1. 仮想マシンの展開権限を持つアカウントを使用して vSphere Client にログインします。
  2. vSphere Client で、仮想マシンの有効な親オブジェクトであるインベントリ オブジェクト(フォルダ、クラスタ、リソース プール、ホストなど)を選択します。
  3. [アクション (Actions)] をクリックして [OVF テンプレートの展開 (Deploy OVF Template)] をクリックします。[アクション] メニューを使用するには、選択したオブジェクト(フォルダ、クラスタ、リソース プール、ホストなど)を右クリックするか、vSphere Client の上部中央にある [アクション] を選択します。
  4. URL を入力するか、ローカル ファイルを選択して Skyline Collector OVA を参照し、[次へ (Next)] をクリックします。
  5. Skyline Collector の名前を入力し、フォルダなどの展開場所を選択して、[次へ (Next)] をクリックします。
  6. Skyline Collector を実行するホスト、クラスタまたはリソース プールを選択して、[次へ (Next)] をクリックします。
  7. テンプレートの詳細を確認して、[次へ (Next)] をクリックします。
  8. VMware エンドユーザー使用許諾契約書 (EULA) を読み、[承諾 (Accept)] をクリックして [次へ (Next)] をクリックします。
  9. Skyline Collector の仮想ディスク ファイルの保存場所を選択します。ドロップダウンから仮想ディスクのフォーマットを選択します。Skyline Collector は、シック プロビジョニング (Lazy Zeroed)、シック プロビジョニング (Eager Zeroed)、シン プロビジョニングをサポートします。
    1. 必要な仮想マシン ストレージ ポリシーを選択します。
    2. Skyline Collector の仮想ディスク ファイルを保存する場所として、データストアまたはデータストア クラスタを選択します。
    3. [次へ (Next)] をクリックします。
    オプション 説明

    シック プロビジョニング (Lazy Zeroed)

    デフォルトのシック フォーマットで仮想ディスクを作成します。仮想ディスクに必要な容量は、仮想ディスクの作成時に割り当てられます。物理デバイス上の既存のデータは、作成中には消去されませんが、仮想マシンへ初めて書き込みを行うときに必要に応じてゼロアウトされます。

    シック プロビジョニング (Eager Zeroed)

    フォルト トレランスなどのクラスタリング機能をサポートするシック仮想ディスクのタイプ。仮想ディスクに必要な容量は、作成時に割り当てられます。シック プロビジョニング (Lazy Zeroed) フォーマットの場合と異なり、物理デバイスの既存のデータは、仮想ディスクの作成時にゼロアウトされます。このフォーマットでディスクを作成する場合、他のタイプのディスク作成に比べてかなり長い時間がかかることがあります。

    シン プロビジョニング

    ハード ディスクの容量を節約する場合は、このフォーマットを使用します。シン ディスクの場合、入力したディスク サイズの値に応じて、ディスクに必要な容量と同じデータストア容量をプロビジョニングします。ただし、シン ディスクは小さいサイズから始まり、初期処理に必要なデータストア容量のみを使用します。

  10. ネットワーク要件」の説明に従って、適切なネットワーク アクセスを提供するネットワークを選択します。
    1. Skyline Collector のドロップダウン メニューから [宛先ネットワーク (Destination Network)] を選択します。
    2. ドロップダウン メニューから [IP プロトコル (IP Protocol)] を選択します。Skyline Collector は、IPv4 と IPv6 の両方をサポートします。
    3. [次へ (Next)] を選択します。
  11. Skyline Collector の展開をカスタマイズします。カスタマイズの内容としては、root パスワードの作成、固定 IP アドレス情報の入力(オプション)などがあります。
    1. root パスワードが必要です。パスワードの長さは 8 文字以上にする必要があります。
    2. 動的 IP アドレスを設定するには、すべてのネットワーク プロパティを空のままにします。固定 IP アドレスを設定するには、ネットワーク固有の情報を入力します。アプライアンスは、vCenter Server、シングル サインオン認証、追加の製品のホスト名を解決する必要があります。
    3. テンプレートのカスタマイズが完了したら、[次へ (Next)] をクリックします。
  12. Skyline Collector に指定した設定を確認します。[完了 (Finish)] をクリックして、OVF テンプレートの展開ウィザードを完了します。

結果

vCenter Server での Skyline Collector 仮想アプライアンスの展開が開始します。仮想アプライアンスの展開の進行状況は、[vSphere Client タスク] パネルで確認できます。