調査結果には、一意の ID、重要度、説明、推奨事項、影響を受けるオブジェクトのリストが含まれます。

特定の調査結果についての詳細を表示するには、[調査結果 (Findings)] をクリックします。調査結果ごとに、次の情報を使用できます。

項目

説明

調査結果 ID

VMware グローバル サポート サービス (GSS) とのやり取りで使用する一意の ID。

重要度

重大、中、または軽微

説明

お客様の環境で検出された潜在的な問題に関する簡単な説明。

調査結果の最初の確認

調査結果が Skyline 内で最初に確認された日付。

リスク

VMware 製品またはソリューションに対するリスク(推奨アクションが完了していない場合)

推奨事項

調査結果を解決するために必要なアクション。

関連リンク

調査結果についての追加情報。これには、VMware のナレッジベース (KB) の記事、セキュリティ アドバイザリ、またはその他の VMware ドキュメントが含まれています。

フィルタ

フィルタが適用されている場合は、フィルタが適用されているオブジェクトのリストが表示されます。

影響を受けるオブジェクト

潜在的な問題の影響を受ける可能性があるオブジェクトのリスト(vCenter Server、ESXi ホスト、仮想マシンなど)。

[影響を受けるオブジェクト] の表の上にある 検索 ボックスを使用すると、影響を受ける特定のオブジェクトを検索できます。

[影響を受けるオブジェクト] の表内にリストされているすべてのオブジェクトについて、次の詳細を確認できます。

項目

説明

ソース名

[オブジェクト名] 列にリストされているオブジェクトのソース オブジェクト。ソース オブジェクトとは、[オブジェクト名] 列にリストされている子オブジェクトを管理する vCenter Server、NSX Manager、vRealize Operations Manager、または Horizon Connection Server です。

オブジェクト名

調査結果によって影響を受けるオブジェクトの名前。

オブジェクトの種類

オブジェクトの種類。例として、ESXi ホスト システム、NSX Manager、NSX Edge、仮想マシンなどがあります。

ソリューション タグ

これらのタグは、環境内に展開されている事前検証済みの統合されたソリューションを認識させるために表示されます。Skyline によって作成された推奨事項の実装を計画する際は、これらのソリューションについて特別な注意を払う必要があります。

サマリ

影響を受けるオブジェクトの調査結果の概要。

オブジェクトの最初の確認

調査結果の影響を受けるオブジェクトが最初に確認された日付。たとえば、既存の調査結果があり、ESXi ホストを Skyline に追加した場合、これらの新しいホストの最初に確認された日付は、既存の調査結果に最初からリストされている日付とは異なります。

[調査結果の最初の確認] の日付は常に、影響を受けるオブジェクトが最初に確認された日付の最も早い日付になります。

[エクスポート (Export)] ボタンをクリックすると、影響を受けるすべてのオブジェクトが CSV 形式でエクスポートされます。CSV ファイルには、影響を受けるオブジェクトに関する次の情報が含まれます:ソース名、オブジェクト名、オブジェクト タイプ、ソリューション タグ、サマリ、最初の確認。

[調査結果 (Findings)] ページに戻るには、[調査結果 ID (Finding ID)] の上にある [戻る矢印 (back-arrow)] をクリックします。

注:

フィルタが適用されている場合は、[調査結果 ID (Finding ID)] の上にある [戻る矢印 (back-arrow)] をクリックして [調査結果 (Findings)] ページに戻った後も適用されたままになります。[すべてクリア (Clear All)] をクリックして、適用されたフィルタを削除します。