Skyline によって検出された調査結果をすべて表示します。調査結果には、潜在的な問題、セキュリティの脆弱性、ユーザビリティへの影響、および構成の推奨事項が含まれます。

[調査結果] ページには、Skyline によって検出されたすべての調査結果が表示されます。デフォルトでは、調査結果の重要度を基準に並べ替えられます。

デフォルトでは、プロアクティブ調査結果はカード ビューで表示されます。リスト ビューに切り替えるには、[調査結果の合計 (Total Findings)] の隣にあるリスト ビュー ボタン をクリックします。リスト ビュー ボタンの横にあるカード ビュー ボタン をクリックすると、カード ビューに戻ります。

次の手順に従って、調査結果を検索、並べ替え、またはエクスポートします。

手順

  1. 特定の調査結果を検索するには、調査結果 ID または説明で検索して、Enter キーを押してください。テキスト ボックスに検索条件を入力します。
  2. 検索条件をクリアするには、調査結果 ID または説明で検索して、Enter キーを押してください。テキスト ボックスの右端の をクリックします。
  3. 調査結果を並べ替えるには、[重要度 (Severity)] ボタンをクリックします。[重要度]、[調査結果 ID]、[説明]、[影響を受けるオブジェクト]、および [最初の確認日] を基準に並べ替えることができます。


  4. 調査結果をエクスポートするには、[エクスポート (Export)] ボタンをクリックします。これにより、[調査結果] ページに現在表示されているすべての調査結果が CSV ファイルにエクスポートされます。CSV ファイルには、それぞれの調査結果に関する次の情報が含まれています:調査結果 ID、問題の説明、重要度、影響を受けるオブジェクトの数、最初の確認、アクションを実行しない場合のリスク、推奨事項、リファレンス。