VMware テクニカル サポート エンジニア (TSE) はお客様に対するログ転送を開始することができます。

VMware テクニカル サポート エンジニア (TSE) はお客様に対するログ転送を開始することができます。お客様は、[ログ転送リクエスト] ページ内でログ転送を承認または拒否できます。

VMware テクニカル サポート エンジニア (TSE) によるログ転送リクエストを承認または拒否するには、次の手順を実行します。

前提条件

VMware テクニカル サポート エンジニアによって要求されるログ転送を承認するためには、サポート リクエストを発行した個々のユーザーが Skyline Advisor 内のユーザーである必要があります。お客様がお客様の Cloud Services 組織内の Skyline Advisor ユーザーでない場合、ログ転送リクエストは期限切れになります。これにより、発行されたサポート リクエストのトラブルシューティングに遅延が発生することがあります。

手順

  1. Skyline Advisor で、[Log Assist] をクリックします。
  2. [ログ転送リクエスト] をクリックします。
  3. 次のオプションを設定できます。
    オプション 説明

    ログ転送リクエストの承認

    緑色のチェック をクリックして、VMware テクニカル サポート エンジニア (TSE) によって行われたログ転送リクエストを承認します。

    ログ転送リクエストの拒否

    赤色の [x] をクリックして、VMware テクニカル サポート エンジニア (TSE) によって行われたログ転送リクエストを拒否します。ログ転送リクエストを拒否した場合は、VMware TSE に連絡して、発行されたサポート リクエストのトラブルシューティングが遅延していないことを確認してください。

    ログ リクエストの自動承認

    VMware テクニカル サポート エンジニア (TSE) によって送信されたログ転送リクエストは、お客様の承認なしで自動的に承認されます。これは、発行されたサポート リクエストのトラブルシューティングの目的で、ログ転送リクエストを迅速化するのに役立ちます。

    自動承認を有効にするには、ボタンを右に切り替えます。ボタンは緑色の になります。ボタンを左に切り替えると、自動承認をいつでも無効にできます。ボタンは灰色の になります。

    注:

    ログ リクエストの自動承認はユーザー単位の設定で有効にします。ログ リクエストの自動承認を有効にすると、この機能を有効にした Skyline Advisor ユーザーのログのみが自動承認されます。他の Skyline Advisor ユーザーも、ログ転送リクエストを手動で承認しない場合はログ リクエストの自動承認を有効にする必要があります。

例: ログ転送リクエスト



次のタスク

ログ転送リクエストのステータスは、ログ ライブラリ で確認できます。