仮想化するアプリケーションをインストールすると、セットアップ キャプチャ ウィザードによってシステムが再スキャンされ、元のシステム イメージと比べた変更が評価されます。

前提条件

仮想化するアプリケーションをインストールする前に、システムのプリスキャンを実行します。

手順

  1. [アプリケーションのインストール] ウィンドウが表示されたら、セットアップ キャプチャ ウィザードを最小化して、キャプチャするアプリケーションをインストールします。
    例:Firefox をインストールするには、 Firefox Setup 2.0.0.3.exe をダブルクリックします。
  2. (オプション) インストール後にアプリケーションを再起動する必要がある場合は、システムを再起動します。このプロセスにより、セットアップ キャプチャ ウィザードが再起動されます。
  3. (オプション) Internet Explorer をキャプチャする場合は、[アプリケーションのインストール] ウィンドウで [Internet Explorer] をクリックし、追加のステップを完了してから、ブラウザをインストールします。
  4. (オプション) Windows XP で Internet Explorer 6 をキャプチャする場合は、『ThinApp ユーザー ガイド』の「Windows XP での Internet Explorer 6 のキャプチャ」を参照してください。
  5. (オプション) 具体的なセキュリティ設定や特定のホームページを使用するなど、企業のポリシーに準拠するには、必要な構成上の変更を行います。
    この時点で構成を変更しない場合は、各ユーザーが変更を行う必要があります。
  6. (オプション) セットアップ キャプチャ ウィザードで作業を続ける前に、アプリケーションを起動し、すべてのメッセージに応答して情報を確認します。
    この時点でメッセージに応答しない場合は、アプリケーションを使用する各ユーザーが初回の起動時に応答する必要があります。
  7. アプリケーションを終了します。
  8. セットアップ キャプチャ ウィザードを最大化し、[ポストスキャン] をクリックしてコンピュータ上で次のスキャンを続けた後、[OK] をクリックして、ポストスキャン操作を確定します。

結果

ThinApp は、最初のベースライン イメージとこのイメージとの差分を、仮想ファイル システムおよび仮想レジストリに保存します。

次のタスク

エントリ ポイントを仮想環境へのショートカットとして定義します。