VMware ThinApp | 2021 年 7 月 13 日 | ビルド 18278582

これらのリリース ノートへの追加や更新を確認してください。

リリース ノートの内容

VMware ThinApp 5.2.10 はメンテナンス リリースです。このリリース ノートでは、次のトピックについて説明します。

新機能

  • Microsoft Windows 10、バージョン 21H1 のサポート
  • セキュリティ アップデート

VMware ThinApp 製品のドキュメント

解決した問題

  • ThinApp で仮想化された特定のアプリケーションが、RDS が有効になっている Windows Server 2019 でアクセス違反エラーにより失敗します。この問題は、Package.iniEnableExternalHookInterception=1 パラメータを追加し、パッケージを ThinApp 5.2.10 で再構築することで解決されます。

  • アプリケーションによって末尾にスペースが含まれるディレクトリが作成された場合、ThinApp はアプリケーションを仮想化できず、SetupCapture に次のエラーが表示されてキャプチャが失敗します。
    "\\?\C:\Program Files\VMWare\Vmware Thinapp\Captures\FileName ファイルを作成できません

  • 仮想 Internet Explorer では、入力言語を日本語に変更できません。そのため、ブラウザのアドレス バーで日本語の文字を使用できません。この問題は、package.ini ファイルに AddIMESupport=1 を追加し、パッケージを ThinApp 5.2.10 で再構築することで解決されます。

  • 仮想 Internet Explorer 8 で変更したズーム設定が新しいタブまたは新しいウィンドウで保持されません。その結果、ユーザーは各タブまたはウィンドウでこれらの設定を手動で変更するか、デフォルト設定を表示する必要があります。

既知の問題

  • IE11 セキュリティ パッチ KB 4056568 が適用された後、シャットダウン中に仮想 IE11 が失敗します。

    回避策:Package.ini ファイルの [汎用パラメータ (General Purpose)] セクションに次のパラメータを追加し、パッケージを再構築します。
    [BuildOptions]
    ForceTerminateThread = 1

  • Windows 8.1 の 64 ビット版では、LibreOffice が正常にシャットダウンされません。 

    回避策:Package.ini ファイルの [汎用パラメータ (General Purpose)] セクションに次のパラメータを追加し、パッケージを再構築します。
    [BuildOptions]
    ReleaseShutdownLocksEarly = 1

  • Excel の Excel グラフ、Word の Word 文書、PowerPoint など、特定の Microsoft Office アプリケーションに Office オブジェクトを挿入できません。 

    回避策:なし

  • Internet Explorer 11 が Windows 8 および Windows 8.1 で起動しません。

    回避策:なし。

  • Internet Explorer 6.0 で、特定の URL を開くことができません。

    回避策:次のパラメータを Package.ini に追加し、パッケージを再構築します。
    [BuildOptions]
    NotificationDLLs = T2embed

  • Microsoft Excel 2013 で [保護されたビュー (Protected View)] が有効になっていると、Excel がネットワーク共有からファイルを開くことができません。

    回避策:安全でない可能性のある場所にあるファイルの、[ファイル (File)] > [オプション (Options)] > [トラスト センター (Trust Center)] > [トラスト センターの設定 (Trust Center Settings)] > [保護されたビュー (Protected View)] > [保護されたビューを有効にする (Enable Protected View)] からの保護ビューを無効にします。

  • Microsoft Office がネイティブにインストールされているシステムにデプロイすると、Microsoft Office 2010 および Microsoft Office 2013 の起動に失敗します。

    回避策:詳細については、ナレッジベースの記事 2107369 を参照してください。

  • ネットワーク共有から Google Chrome を起動できません。

    回避策:SetVirtualModuleFileNameInPeb = 1Package.ini に追加し、パッケージを再構築します。

  • Microsoft Visio 2010 のヘルプ ファイルは、64 ビット版の Windows には表示されません。 

    回避策:なし
     

  • 32 ビットの Internet Explorer 10 は Windows 8.1(32 ビットと 64 ビットの両方の版)では動作しません。

    回避策:なし。

  • Microsoft Word 2013 または Microsoft Power Point 2013 の 2 つのインスタンスを起動しようとすると、これらのアプリケーションが応答しなくなります。

    回避策:なし。

  • Package.iniOutdir パラメータを次のいずれかの言語の文字で置き換えると、ThinApp は Windows 7 の 32 ビット版でのパッケージのビルドに失敗します。

    • 簡体字中国語
    • 繁体字中国語
    • 日本語
    • 韓国語

    回避策:なし。

  • ThinApp は、Windows 8、Windows 8.1、および Windows 10 マシンの 16 ビット アプリケーションをサポートしていません。

    回避策:なし

  • 64 ビット版の Windows 7 で AutoCAD を起動すると、次のエラーメッセージが表示されます。
    PresentationFontCache.exe - アプリケーション エラー

    回避策:なし。

  • Visual Studio 2010 には、次のエラーメッセージが表示されます。
    無効なライセンス データです。起動するには、再インストールが必要です。

    回避策:なし

  • Windows 10 で Internet Explorer 8 以降を使用して web ページを開くことができません。

    回避策:この回避策の詳細については、ナレッジベースの記事 2137873 を参照してください。

  • Web サイトを Internet Explorer でお気に入りとしてマークした場合に、その Web サイトがお気に入りバーにすぐに表示されません。

    回避策:次の内容の %Common Favorites% フォルダに ##Attributes.ini ファイルを作成し、パッケージを再構築します。
    [隔離]
    DirectoryIsolationMode=WriteCopy

  • Windows 10 で 64 ビット バージョンの Microsoft PowerPoint 2010 または Microsoft Word 2010 を起動すると、「致命的なアプリケーション終了」エラーが発生します。

    回避策:ChildProcessEnvironmentException=msiexec.exePackage.ini に追加して、プロジェクトをビルドします。

  • アプリケーションがネットワーク共有から実行されている場合、COMDLG32 エラーが表示されます。

    回避策:ProcessExternalNameBehavior = OriginalSetVirtualModuleFileNameInPeb = 1Package.ini の [汎用パラメータ (General Purpose)] セクションに追加し、パッケージを再構築します。

  • Windows 10 1803 にデプロイすると Microsoft Visio 2010 の起動に失敗します

    回避策:なし

  • ThinApp は、Windows の 32 ビット バージョンのレジストリ キー名を変更することはできません。

    回避策:なし

check-circle-line exclamation-circle-line close-line
Scroll to top icon