構成ファイルの VirtualMachineN セクションには、変換プロセスで使用される Windows ベースの仮想マシンのリストが含まれています。

含める仮想マシンごとに VirtualMachineX セクションを作成し、それらのパラメータを指定します。X1 で、後続の仮想マシンのセクションには連続した番号が付けられます。

[VirtualMachineN] パラメータは必須です。

VmxPath

仮想マシンの構成パスを指定します。

ESX Server または vCenter Server の場合は、次のように vSphere Client を使用して仮想マシンの構成ファイルのパスを特定できます。

  1. 仮想マシンを右クリックし、[設定の編集 (Edit Settings)] を選択します。
  2. [オプション (Options)] タブをクリックし、[仮想マシンの構成ファイル (Virtual Machine Configuration File)] フィールドから文字列をコピーします。
  3. この文字列は、仮想マシンの構成ファイルのパスとして使用します。

Workstation の場合は、VMX 構成ファイルが配置されているホスト上のファイル パス全体を指定します。たとえば、C:\MyVMs\Windows XP\Windows XP.vmx とします。パスにスペースが含まれている場合でも、パスは引用符で囲まないでください。

UserName

仮想マシンのゲスト OS の有効なユーザー名。ユーザーは、仮想マシンのゲスト OS に対して管理者権限を持っている必要があります。

ユーザー名を指定するときに、UPN 形式を使用することができます。たとえば、user@domain.com です。

Password or PasswordBase64

仮想マシンのゲスト OS の有効なパスワード。パスワードを指定するときには、次のオプションを使用できます。

  • クリア テキストを入力できます。
  • PasswordBase64 パラメータに base64 でエンコードされたパスワードを指定できます。

    エンコードされたパスワードを指定してもセキュリティは強化されません。実際の INI ファイルを保護する必要があります。

すべてのパスワードは同じ方法で処理されます。

Password 設定が使用されていない場合、ゲストのパスワードは空白として受け取られます。ほとんどの Windows 仮想マシンでは、空のパスワードを使用した自動化はサポートされていないため、ゲスト パスワードを指定する必要があります。

PasswordPrompt

パスワードの入力をユーザーに求めるプロンプトを表示するよう指定します。

仮想マシンのパスワードを構成ファイルに保存しない場合は、値を true として指定します。true に設定すると、構成ファイルでパスワードが指定されている場合でも、プロンプトが常に表示されます。

ESX Server ベースの環境のパスワード

これは、ESX Server ベースの環境の例です。パスワードが指定されており、PasswordPromptfalse に設定されているため、ユーザーにはパスワードの入力を求めるプロンプトが表示されません。

[VirtualMachine1]
VmxPath=[Storage] WinXP_Converter/WinXP_Converter.vmx
UserName=administrator
Password=secret
PasswordPrompt=false

VMware Workstation ベースの仮想マシンのパスワード

これは、VMware Workstation ベースの仮想マシンの例です。仮想マシン 1 では、PasswordPrompttrue に設定されています。パスワードが構成で指定されている場合でも、ユーザーにはパスワードの入力を求めるプロンプトが表示されます。

[VirtualMachine1]
VmxPath=C:\MyVMs\Windows XP\Windows XP.vmx
UserName=administrator
Password=secret
PasswordPrompt=true
[VirtualMachine2]
VmxPath=C:\MyVMs\Windows 7\Windows 7.vmx
UserName=adminuser@mydomain.com
Password=
PasswordPrompt=true
注: パスにスペースが含まれている場合でも、パスは引用符で囲まないでください。