ThinApp Application Sync ユーティリティの使用を最適化するには、次の点を考慮してください。

管理対象または管理対象外の環境での Application Sync ユーティリティの使用

管理対象のコンピュータ環境で自動的に更新される仮想アプリケーションを使用する場合は、他の更新プロセスと競合する可能性があるため、Application Sync ユーティリティを使用しないでください。

自動更新機能でアプリケーションが更新される場合、更新はサンドボックスに存在します。アプリケーションの自動更新後に Application Sync ユーティリティがアプリケーションを更新しようとする場合は、サンドボックスに保存されているバージョン更新が、Application Sync バージョンに含まれるファイルよりも優先されます。ファイルの更新の優先順位は、サンドボックス内のファイル、次に仮想オペレーティング システム、最後に物理マシンとなります。

アプリケーションを自動更新しない管理対象外の環境がある場合は、Application Sync ユーティリティを使用してアプリケーションを更新します。

Application Sync ユーティリティを使用した誤った更新の修正

複数の Microsoft Office の更新プログラムなど、複数の Application Sync のダウンロード更新があり、特定の更新によって悪影響が生じたり、更新を取り下げたりする必要がある場合は、ThinApp がアクセスするサーバに正しい更新を配置することで問題を解決できます。

この更新は、アプリケーションがクライアント コンピュータで次回起動されたときに適用されます。

Application Sync ユーティリティがエントリ ポイントの実行可能プログラムに与える影響

Application Sync ユーティリティは、エントリ ポイントの実行可能ファイルを更新します。例として、Microsoft PowerPoint が含まれていない Microsoft Office 2007 パッケージを展開するとします。Microsoft Office PowerPoint 2007.exe エントリ ポイントは元のパッケージに存在しません。Microsoft Office 2007 パッケージを再構築して Microsoft PowerPoint を追加し、Application Sync ユーティリティを使用してクライアント マシンを更新すると、エンド ユーザーは Microsoft PowerPoint のエントリ ポイントの実行可能ファイルにアクセスできます。

Application Sync ユーティリティを使用した thinreg.exe の登録の更新

thinreg.exe を使用して仮想アプリケーションをシステムに登録し、Application Sync ユーティリティを使用してそれらのアプリケーションを更新する場合、C:\Program Files\VMware\VMware ThinApp にある thinreg.exe のコピーをサーバ上の更新済みパッケージと一緒に配置することで、登録を更新できます。

Application Sync ユーティリティを使用する場合のプライマリ データ コンテナ名の維持

Application Sync ユーティリティを使用するには、プライマリ データ コンテナ(仮想ファイルとレジストリ情報を格納するファイル)の名前が、新旧両方のバージョンのアプリケーションで同じである必要があります。たとえば、古いバージョンでプライマリ データ コンテナ名として Microsoft Office Excel 2003.exe を使用し、新しいバージョンで Microsoft Office 2007.dat をプライマリ データ コンテナ名として使用することはできません。プライマリ データ コンテナの名前を確認するには、Package.ini ファイルの ReadOnlyData パラメータを確認します。

アプリケーションが子プロセスを作成するときの Application Sync プロセスの管理

キャプチャされたアプリケーションが子プロセスを作成すると、ThinApp は Application Sync プロセスを完了できません。

たとえば、Microsoft Office 2003 および Microsoft Office 2007 パッケージを作成し、両方のパッケージに対して Package.ini ファイルの AppSyncURL パラメータを変更し、Microsoft Office 2007 パッケージを Web サーバに、Microsoft Office 2003 パッケージをクライアント コンピュータに、それぞれコピーするとします。

Package.ini ファイルの AppSyncExpirePeriod パラメータで設定された有効期限が切れる前に Microsoft Office 2003 パッケージを起動すると、ThinApp はユーザーがアプリケーションを操作しているときにバックグラウンドで更新をダウンロードできますが、次回ユーザーがアプリケーションを起動したときに更新されたバージョンを表示することはできません。

パッケージの有効期限が切れた後にアプリケーションを起動すると、ThinApp はフォアグラウンドで更新をダウンロードできなくなり、ダウンロードの準備ができたときにアプリケーションを再起動することができません。

Microsoft Office 2003 および Microsoft Office 2007 は、子プロセスを作成するアプリケーションの例です。すべての子プロセスが停止するまで、ThinApp は Application Sync の更新を完了できません。この問題を解決するには、次のいずれかのタスクを実行します。

  • マシンからログアウトして子プロセスを停止し、再度ログインします。
  • 子プロセスを終了するスクリプトを作成します。

    たとえば、Microsoft Office 2003 および Microsoft Office 2007 に関連付けられた、ctfmon.exe および mdm.exe の子プロセスを終了するスクリプトを作成することができます。

  • Microsoft Office および Internet Explorer アプリケーションに関連付けられている ctfmon.exe プロセスなどの、子プロセスの起動を防止します。#GUID-65CD168D-939C-4AD1-A083-A86BD4974C9Aを参照してください。