サイドバイサイド更新は、初期バージョンのロック解除から更新バージョンの展開への移行期間中に、2 つのバージョンの仮想アプリケーションが並行して実行されている場合に発生します。

Terminal Server 環境では、更新の移行期間中に複数のユーザーが同時に異なるバージョンの仮想アプリケーションを実行できます。ThinApp を使用すると、複数のユーザー用のネットワーク共有上で実行中のアプリケーションの更新またはロールバックを行うことができます。この更新プロセスは、ユーザーがアプリケーションを終了して 2 回目に起動したときに実行されます。

ファイル ロック

アプリケーションを起動すると、実行可能ファイル パッケージがロックされます。このファイル ロック機能を使用すると、特定のバージョンのアプリケーションにアクセスしているコンピュータまたはユーザーは、アプリケーションのプロセスおよびサブプロセスが実行されている限り、そのバージョンを継続して使用することができます。

アプリケーションを多数のユーザーが使用する中央の場所に格納している場合は、このファイル ロック機能により、すべてのユーザーがアプリケーションを終了してロックを解除するまで、管理者はパッケージングされた実行可能ファイルを新バージョンで置き換えることはできません。その時間が経過するまで、旧バージョンと新バージョンは並行して実行されます。

ファイル ロックされたアプリケーションの置換、削除、または移動を行うことはできません。すべてのユーザーが以前のバージョンのアプリケーションを終了し、パッケージのロックが解除されたら、削除することができます。ただし、ユーザーのマシンのショートカットはこのファイルを参照するため、実行可能ファイルはそのままにしておく必要があります。

以前のバージョンにロールバックする必要が生じ、最新バージョンはロックされたままの場合は、旧バージョンをコピーして、最大のバージョン番号を付けます。