check-circle-line exclamation-circle-line close-line

VMware Tools 10.0.12 リリース ノート

VMware Tools | 2016 年 10 月 25 日 | Build 4448496

リリース ノートの追加と更新を確認してください。

リリース ノートの概要

本リリース ノートには、次のトピックが含まれています。

新機能

VMware Tools は、仮想マシンのゲスト オペレーティング システムのパフォーマンスを強化し、仮想マシンの管理を拡張するユーティリティ一式です。

  • VMware Tools のライフサイクル管理:VMware Tools 10.0.12 は、レガシー ゲスト OS のサポートを凍結します。凍結された ISO イメージは、http://my.vmware.com からダウンロードできます。 これらの ISO イメージは、tools-light VIB では ESXi と合わせて提供されません。VMware Tools 10.1.0 は、最新のゲスト OS に対応します。VMware Tools 10.0.12 は、レガシー ゲスト OS に対応します。

  • VMware Tools 10.0.12 におけるゲスト OS のサポート
    • VMware Tools バージョン 10.0.12 では、次のゲスト OS がサポートされます。
      • winPreVista.iso:Windows 2000、Windows XP、および Windows Server 2003 をサポートします。
      • linuxPreGLibc25.iso:Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 5、SUSE Linux Enterprise Server (SLES) 11、および Ubuntu 7.04 より前のバージョンの Linux ゲスト OS と、バージョン 2.5 より前の glibc を使うその他のディストリビューションの Linux ゲスト OS をサポートします。
      • darwinPre15.iso:Mac OS X バージョン 10.10.x 以降をサポートします。
    • VMware Tools 7.7.0 は、すでに凍結された次のゲスト OS をサポートします。
      • winPre2k.iso:Windows 2000 より前のバージョンをサポートします。
    • VMware Tools 8.1.0 は、すでに凍結された次のゲスト OS をサポートします。
      • netware.iso:NetWare ゲスト OS をサポートします。

  • 解決した問題:解決した問題のセクションに記載されている問題は、VMware Tools 10.0.12 のこのリリースで解決されています。

ご使用前の注意事項

ESXi 5.5 Update 3b 以降へのアップグレードに関する重要なお知らせ

旧バージョンの Horizon View Agent を使用して、ESXi ホストを ESXi 5.5 Update 3b または ESXi 6.0 Update 1 以降にアップグレードするときの互換性に関する問題の解決方法や一般的なガイドラインについては、ナレッジベースの記事を参照してください。

利用可能な言語

VMware Tools 10.0.12 は、次の言語で使用可能です。

  • 英語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • スペイン語
  • イタリア語
  • 日本語
  • 韓国語
  • 簡体字中国語
  • 繁体字中国語

互換性について

VMware Tools 10.0.12 は、VMware vSphere ESXi 5.5 以降、VMware Workstation 12.0、VMware Fusion 8.0 のサポートされているバージョンと互換性があります。詳細については、VMware 互換性ガイドを参照してください。

ゲスト OS のカスタマイズ サポート

ゲスト OS カスタマイズ サポート マトリックス(英語)では、カスタマイズがサポートされるゲスト OS について、詳細に説明しています。

本リリースのインストールとアップグレード

VMware Tools は、製品のダウンロード ページからダウンロードできます。

VMware Tools のオペレーティング システム固有パッケージは、http://packages.vmware.com/tools/releases/index.html からダウンロードできます。OSP のインストールの詳細については、『Operating System Specific Packages 向け VMware Tools インストール ガイド』を参照してください。ESX/ESXi バージョン 4.1 以前向けと、ESXi バージョン 5.x および 6.x 向けがあります。

VMware Tools のインストール手順は、お使いの VMware 製品およびインストールしているゲスト OS によって異なります。通常の VMware 製品に VMware Tools をインストールする一般的な手順については、VMware Tools の一般的なインストール手順 (2053219) を参照してください。productLocker が共有データストアを参照するように設定する方法については、ナレッジベースの記事 KB2004018 を参照してください。

VMware Tools のインストール、アップグレード、構成に関する個別の手順については、VMware Tools のドキュメント ページを参照してください。

アップグレード情報

ESXi 5.0 および ESXi 5.1 に同梱される VMware Tools のサポート

  • サポートの拡張:ESXi 5.0 および ESXi 5.1 に同梱される VMware Tools のサポートが拡張されます。
  • アップグレード:ESXi 5.0 および ESXi 5.1 では、レガシー ゲスト OS を使用する場合、VMware Tools バージョン 10.0.12 へのアップグレードはサポートされません。VMware Tools 10.0.12 を実行する仮想マシンは ESXi 5.0 および 5.1 でサポートされます。
  • ESXi 5.5 または ESXi 6.0 上で実行されるレガシー ゲスト OS で VMware Tools 10.0.12 をインストールまたはアップグレードするには、VMware ESXi 5.5 のパッチ リリース ESXi550-201608001 以降または VMware ESXi 6.0 のパッチ リリース ESXi600-201608001 以降が必要です。

アップグレードの影響

VMware Tools は、ESXi との前方および後方互換性があります。新しいバージョンの VMware Tools は、サポートされる古いバージョンの ESXi と互換性があり、その逆も成り立ちます。VMware ESXi 5.5 のパッチ リリース ESXi550-201608001 以降および VMware ESXi 6.0 のパッチ リリース ESXi600-201608001 以降を利用するレガシー ゲスト OS では、VMware Tools 10.0.12 へのアップグレードは、サポートされる最後のアップグレードです。

VMware Tools の将来のバージョンでのアップグレードのサポート

サポートが終了した ESXi に同梱される古いバージョンの VMware Tools から、古いバージョンの ESXi がサポート終了を迎えた時点での最新バージョンの ESXi と同時にリリースされたより新しいバージョンの VMware Tools へのアップグレードがサポートされます。

VMware Tools によってインストールされる Windows ゲスト ドライバ

VMware Tools 10.0.12 は、Windows ゲスト OS 上で次に示すドライバのバージョンをサポートします。

ドライバ VMware Tools 10.0.12
ハードウェア ドライバ
vmci

9.5.10.0

vsock

9.5.7.0

pvscsi

1.2.3.0

wddm

サポートしない

xpdm

12.1.8.0

vmxnet3

1.5.2.0:NDIS 5.0

vmxnet2

2.2.0.0

vmmouse

12.5.2.0

vmusbmouse

12.5.2.0

vmaudio

5.10.0.3506

BusLogic 2.0.3.0
ソフトウェア ドライバ
vmrawdsk.sys

0.9.9.0:カーネル モードのコード署名用

vmmemctl.sys

7.3.5.0:カーネル モードのコード署名用

vmhgfs.sys

10.0.1.0:Windows Vista 以前の凍結されたオペレーティング システム用

vsepflt.sys

7.0.0.8:カーネル モードのコード署名用

vnetflt.sys

7.0.0.8:カーネル モードのコード署名用

 

解決した問題

  • VMware Tools を使って Windows ゲスト OS の IP アドレスを取得できない
    VMware Tools のバージョン 9.10.5 からバージョン 10.0.9 を使った場合、Windows Server 2000 ゲスト OS でネットワーク インターフェイスの IP アドレスを取得できません。
  • 今回のリリースで、この問題は解決されています。

  • 静止スナップショットの処理に失敗し、Linux ゲスト ファイル システムが静止状態のままになる
    Linux ゲスト OS で静止スナップショットの処理を行うと、ゲスト ファイル システムが静止し、ホスト側で処理に失敗する場合があります。この問題が発生すると、スナップショットの処理が完了した後もゲスト ファイル システムが静止状態のままになり、クライアントにエラーが戻されます。vmware.log ファイルに次のようなエラー メッセージが生成されます。

    <TIMESTAMP>| vcpu-0| I120: ToolsBackup: changing quiesce state: COMMITTED -> ERROR_WAIT
    <TIMESTAMP>| vcpu-0| I120: Msg_Post: Warning
    <TIMESTAMP>| vcpu-0| I120: [msg.snapshot.quiesce.vmerr] The guest OS has reported an error during quiescing.
    <TIMESTAMP>| vcpu-0| I120+ The error code was: 4
    <TIMESTAMP>| vcpu-0| I120+ The error message was: Quiesce aborted.
    <TIMESTAMP>| vcpu-0| I120: ----------------------------------------
    <TIMESTAMP>| vcpu-0| I120: Vigor_MessageRevoke: message 'msg.snapshot.quiesce.vmerr' (seq 860282) is revoked
    <TIMESTAMP>| vcpu-0| I120: ToolsBackup: changing quiesce state: ERROR_WAIT -> ERROR_WAIT
    <TIMESTAMP>| vcpu-0| I120: ToolsBackup: changing quiesce state: ERROR_WAIT -> IDLE
    <TIMESTAMP>| vcpu-0| I120: ToolsBackup: changing quiesce state: IDLE -> DONE

    今回のリリースで、この問題は解決されています。

既知の問題

VMware Tools 10.0.12 の既知の問題は、次のとおりです。

  • VMware Tools の凍結された Operating System Specific Packages (OSP) で、メタパッケージを含むリポジトリを利用できない
    vmware-tools-repo-xxx.rpm のような repo rpm パッケージを含む repos/ ディレクトリは、VMware Tools の凍結された Operating System Specific Packages である packages.vmware.com/tools/releases/10.0.12 では利用できません。その結果、repo rpm パッケージをインストールしても、オペレーティング システム固有のリポジトリ ファイルは自動的には作成されません。

    回避策:この問題を回避するには、仮想マシンでリポジトリ ファイルを手動で設定します。

    たとえば、RHEL 4 では、次の内容のリポジトリ ファイルを \etc\yum.repos.d の下に作成します。
    #
    # VMware OSPs for RHEL4
    #

    [vmware-tools-collection]
    name=vmware-tools-collection
    baseurl=http://packages.vmware.com/tools/releases/10.0.12/rhel/i386
    enabled=1
    gpgcheck=1
    gpgkey=http://packages.vmware.com/tools/keys/VMWARE-PACKAGING-GPG-RSA-KEY.pub

  • VMXNET3 ドライバによって、Windows オペレーティング システムが分散仮想スイッチ (DVSwitch) のすべてのマルチキャスト トラフィックを受信できなくなる
    Windows オペレーティング システムに 32 個を上回るマルチキャスト アドレスが設定されている場合、新しい VMXNET3 ドライバによって、Windows オペレーティング システムが分散仮想スイッチ (DVSwitch) のすべてのマルチキャスト トラフィックを受信できなくなります。

    回避策:なし