AppDefense ドライバを使用せずに VMware Tools をインストールする

手順

  1. サイレント インストールでは、次のコマンドを実行します。
    setup64.exe /s /v"/qn ADDLOCAL=All REMOVE=AppDefense

    または

    setup64.exe /s /v"/qn ADDLOCAL=All REMOVE=AppDefense,<other unwanted feature list>
  2. 手動インストールの場合

    AppDefense は一般的なインストール オプションの一部ではありません。

    デフォルトでは、AppDefense は、カスタム インストール オプションで選択されていません。

  3. [完全なインストール] オプションを使用して、AppDefense はインストール中にインストールされます。
    AppDefense はオペレーティング システムの [プログラムと機能] オプションを使用して手動で削除する必要があります。
    1. [VMware Tools] を選択します。
    2. 右クリックし、[変更] を選択します。VMware Tools インストーラが起動されます。
    3. [変更] を選択します。
    4. [次へ] をクリックします。
    5. ツリー内の [AppDefense] ノードに移動します。
    6. 右クリックし、[Entire feature will be unavailable] を選択します。
    7. [次へ] をクリックします。
    8. [変更] をクリックします。
    9. [完了] をクリックします。

結果

VMware Tools のインストール中に AppDefense ドライバはインストールされません。