Linux、Solaris、および FreeBSD のゲスト OS では、VMware Tools は VMware ユーザー プロセスを使用します。このプログラムは、fit-guest-to-window などの機能を実装します。

通常は、ユーザーが VMware Tools を構成し、デスクトップ環境からログオフして再ログインした後に、このプロセスが開始されます。vmtoolsd -n vmusr コマンドを実行して VMware ユーザー プロセスを開始できます。起動コマンドは、システムに基づいて変更できます。次の環境では、プロセスを手動で開始する必要があります。

  • セッション マネージャを使用せずに X セッションを実行している。

    たとえば、xdmkdm、または gdm を使用せずに、startx を使用してデスクトップ セッションを開始する場合などです。

  • gdm または xdm を使用せずに、旧バージョンの GNOME を使用している。
  • Desktop Application Autostart Specification(http://standards.freedesktop.org を参照)をサポートしていないセッション マネージャまたは環境を使用している。
  • VMware Tools をアップグレードする場合。

手順

  • VMware ユーザー プロセスを開始します。
    オプション 操作
    X セッションの開始時に VMware ユーザー プロセスを開始します。 vmtoolsd -n vmusr.xsession または .xinitrc ファイルなどの適切な X 起動スクリプトに追加します。
    VMware Tools ソフトウェアをアップグレードした後、または特定の機能が動作しない場合、プロセスを開始します。 ターミナル ウィンドウを開き、vmtoolsd -n vmusr コマンドを入力します。