ログ レベルを DEBUG に設定することで、問題のデバッグに役立つ追加の情報を記録できます。

手順

  1. コネクタがインストールされている Windows サーバで、INSTALL_DIR\VMware Identity Manager\Connector\usr\local\horizon\conf\ ディレクトリに移動します。
  2. ログ レベルを cfg-log4j.properties および hc-log4j.properties ファイルで更新します。これらは、コネクタのために最も一般的に使用される log4j ファイルです。
    1. ファイルを編集します。
    2. ログ レベルが INFOに設定された行で INFODEBUGに置き換えます。
      たとえば、

      rootLogger.level=INFO

      を次のように変更します:

      rootLogger.level=DEBUG

    3. ファイルを保存します。
      サービスまたはシステムの再起動は必要ありません。