VMware Identity Manager Connector サーバのメモリ要件は、コネクタがサポートするユーザーの数によって異なります。ユーザー ベースが拡張されている場合は、メモリの増設が必要になる場合があります。Windows Server のメモリを増やす場合は、この手順に従って、コネクタが更新された設定を取得するようにする必要があります。

VMware Identity Manager Connector に割り当てられているメモリの量を調整できます。デフォルトでは、使用可能なメモリの 50% がコネクタの Java ヒープ メモリとして割り当てられます。デフォルトの割り当てを保持するか、特定の量を割り当てることができます。

手順

  1. Windows Server のメモリを増やします。
  2. 次のいずれかのオプションを選択します。
    • 使用可能なメモリの 50% であるコネクタのデフォルトの割り当てを保持する場合は、次の手順を実行します。
      1. コマンド プロンプト ウィンドウを開き、INSTALL_DIR\VMware Identity Manager\Connector\usr\local\horizon\scripts ディレクトリに移動します。
      2. 次のコマンドを入力します。
        .\horizonService.bat restart
    • コネクタに特定の量のメモリを割り当てる場合は、次の手順を実行します。
      1. Windows Server でコントロール パネルを開き、[システムとセキュリティ] > [システム] > [システムの詳細設定] の順に移動します。

        [システム プロパティ] ダイアログ ボックスが表示され、[詳細] タブが選択されます。

      2. [システム プロパティ] ダイアログ ボックスの [詳細] タブの下部にある [環境変数] をクリックします。
      3. [環境変数] ダイアログ ボックスの [ユーザー変数] セクションで、[新規] をクリックします。
      4. [新しいユーザー変数] ダイアログ ボックスで、次の変数を入力します。

        [変数名:]IDM_TOMCAT_MEM

        [変数値:]#g

        #g は割り当てるメモリの量です。たとえば、4 GB を割り当てるには、4g と入力します。

      5. 変更を保存します。
      6. コマンド プロンプト ウィンドウを開き、INSTALL_DIR\VMware Identity Manager\Connector\usr\local\horizon\scripts ディレクトリに移動します。
      7. 次のコマンドを入力します。
        .\horizonService.bat restart