VMware Identity Manager Connector をインストールした後、インストール ウィザードの確認画面にリストされた URL (https://connectorhostname:8443) に移動し、コネクタ セットアップ ウィザードを完了します。

セットアップ ウィザードで、コネクタ アクティベーション コードを入力し、パスワードを設定します。

前提条件

  • VMware Identity Manager コンソールで生成したコネクタのアクティベーション コードがあること。VMware Identity Manager Connector のアクティベーション コードの生成を参照してください。
  • セットアップ ウィザードを実行する場合、Internet Explorer を拡張保護モードで使用しないでください。ブラウザ上でスクリプティングが有効になっている必要があります。

手順

  1. ブラウザ ウィンドウを開き、URL https://connectorhostname:8443 に移動します。
    たとえば、https://connector.example.com:8443 のようになります。
    ようこそ画面が表示されます。

    セットアップ ウィザードのようこそ画面

  2. [続行] をクリックします。
  3. [パスワードの設定] ページで、コネクタの管理者画面にアクセスするために使用するコネクタの [admin] ユーザーのパスワードを作成します。
    次に、 [続行] をクリックします。

    コネクタの管理者ユーザー パスワードの設定

  4. [コネクタのアクティベーション] 画面で、コネクタのアクティベーション コードを入力して、[続行] をクリックします。

    コネクタ アクティベーション コードを入力

    コネクタが正常にアクティブ化されると、「セットアップが完了しました」というメッセージが表示されます。

結果

VMware Identity Manager Connector インストールが完了しました。

次のタスク

  • 必要に応じて、VMware Identity Manager Connector のプロキシ設定を行います。
  • VMware Identity Manager コンソールにログインしてコネクタを構成します。