すべての要件を満たす Windows サーバ上で VMware Identity Manager Connector インストーラを実行します。

前提条件

  • ポート 80、443 および 8443 は、Windows サーバで使用可能である必要があります。これらのポートがその他のサービスで使用されている場合、VMware Identity Manager Connector をインストールできません。
  • 次の場合、Windows サーバは Active Directory ドメインに参加する必要があり、インストールしている Windows サーバ上の管理者グループにも属するドメイン ユーザーとして、VMware Identity Manager Connector をインストールする必要があります。
    • 統合 Windows 認証経由の Active Directory に接続する場合
    • Kerberos 認証を使用する場合

    これらの場合、ドメイン ユーザーとして IDM コネクタ サービスも実行する必要があります。このオプションはインストール ウィザードに表示されます。

  • インストール時に、インストーラでドメインとユーザーを参照し、検証できるようにするには、次の要件を満たす必要があります。
    • Windows サーバは、ドメインに参加している必要があります。
      注: これは、IDM コネクタ サービスを実行するためにドメイン ユーザーを選択する場合にのみ必要です。要件が適用されるシナリオについては、前の箇条書きを参照してください。
    • ドメインを参照するには、Computer Browser サービスを有効にして実行する必要があります。
    • NetBIOS over TCP/IP を有効にする必要があります。
    • マスター ブラウザ システムがネットワークで構成されている必要があります。
    • ブロードキャスト トラフィックがネットワーク上で有効になっている必要があります。
  • 組み込みコネクタをスタンドアローン コネクタに移行する場合、または Linux コネクタを Windows コネクタに移行する場合は、インストーラを実行する前に、元の展開環境から構成ファイルを生成します。このファイルには、元のコネクタに関する構成情報が含まれます。

    移行プロセスの詳細については、『VMware Identity Manager 19.03 へのアップグレード』を参照してください。

手順

  1. Windows 版の VMware Identity Manager Connector インストーラをダウンロードします。
    インストーラは、My VMware の VMware Identity Manager 製品ページまたは My Workspace ONE からダウンロードできます。
  2. インストーラ ファイルをダブルクリックして、VMware Identity Manager Connector のインストール ウィザードを実行します。

    [ようこそ] 画面

  3. [ようこそ] 画面で [次へ] をクリックします。
    インストーラは、サーバ上の前提条件を確認します。.NET Framework がインストールされていない場合はインストールし、サーバを再起動するように求められます。再起動した後にインストーラを再度実行し、インストール プロセスを再開します。
    前のバージョンがインストールされている場合、それがインストーラで自動検出され、最新バージョンにアップグレードするためのオプションが提供されます。
  4. VMware エンド ユーザー使用許諾契約書を読んで同意し、[次へ] をクリックします。

    [使用許諾契約書] ページ

  5. VMware Identity Manager Connector をインストールするフォルダを選択してください。
    デフォルトでは、 C:\VMware が選択されています。

    [ターゲット フォルダ] ページ

  6. 最新のメジャー バージョンの Java Runtime Environment (JRE™) がまだ Windows サーバにインストールされていない場合は、次のポップアップが表示されます。

    JRE のインストール プロンプト

    [はい] をクリックして JRE をインストールします。インストールには数分かかります。必要な JRE バージョンのインストール時に、既存のバージョンは削除されません。
  7. [VMware Identity Manager の構成] 画面で、コネクタのホスト名とポートを入力します。
    ホスト名は完全修飾ドメイン名 (FQDN) として指定します。たとえば、 connector.example.com のように記入します。
    注: 名前はサーバが参加しているドメインと一致する必要があります(該当する場合)。
    デフォルト ポートは 443 です。VMware Identity Manager Connector では、443 のみがサポートされています。

    [コネクタのホスト名] ページ

  8. コネクタ サービスをドメイン ユーザー アカウントとして実行する場合は、[VMware Identity Manager Connector サービス アカウント] 画面でオプションを選択し、ドメイン ユーザー アカウントのユーザー名とパスワードを入力します。
    次の場合にドメイン ユーザーとしてサービスを実行する必要があります。
    • 統合 Windows 認証経由の Active Directory に接続する場合
    • Kerberos 認証を使用する場合

    [ドメイン ユーザー アカウント] ページ

    注: [参照] をクリックしてもドメインまたはユーザーを検索できない場合は、すべての前提条件を満たしていることを確認します。
  9. [次へ] をクリックします。
  10. 新しいコネクタをインストールするのか、コネクタを移行するのかに基づいて選択を行います。
    • 新しいコネクタをインストールする場合は、[コネクタを移行しますか? ] オプションの選択を解除して、[次へ] をクリックします。
    • 組み込みコネクタをスタンドアローン コネクタに移行する場合、または Linux コネクタを Windows コネクタに移行する場合は、次の手順を実行します。
      1. [コネクタを移行しますか? ] チェック ボックスをオンにします。
      2. [構成パッケージ (.enc)] テキスト ボックスに、元の展開環境から生成した構成ファイルへのパスを入力します。
      3. 構成ファイルの作成時に設定したパスワードを入力します。

    移行ページ

  11. [次へ] をクリックします。
  12. プログラムのインストール準備画面で、[インストール] をクリックします。

    インストールの準備完了

    インストールには数分かかります。
  13. インストール ウィザード完了画面が表示されたら、[完了] をクリックします。
    次のポップアップが表示され、コネクタのセットアップ ウィザードを完了するために移動する URL が表示されます。

    セットアップ ウィザードの URL を含むポップアップ

    URL は、https://connectorhostname:8443 のコネクタ管理画面を参照します。

次のタスク

リストされた URL に移動し、コネクタのセットアップ ウィザードを完了します。