VMware Identity Manager Connector は、ディレクトリ統合、ユーザー認証、および Horizon 7 などのリソースとの統合を提供する VMware Identity Manager のオンプレミス コンポーネントです。

コネクタは送信接続モードで展開されるため、受信ポート 443 を開く必要はありません。WebSocket ベースの通信チャネルを介して VMware Identity Manager サービスと通信します。

図 1. VMware Identity Manager Connector の展開

vIDM Connector の図

注: 図に示す VMware Identity Manager テナントは、クラウド環境に展開することも、オンプレミス環境に展開することもできます。

サポートされる認証方法

VMware Identity Manager Connector では、次の認証方法がサポートされています。

  • パスワード
  • RSA Adaptive Authentication
  • RSA SecurID
  • RADIUS
  • 内部ユーザー用の Kerberos 認証
注: これらのコネクタベースの認証方法に加えて、VMware Identity Manager サービスベースの認証方法も利用できます。さらに、サードパーティの ID プロバイダを介したインバウンド SAML を使用できます。

サポートされるディレクトリ統合

VMware Identity Manager Connector は、次のタイプのエンタープライズ ディレクトリとの統合をサポートします。

  • LDAP 経由の Active Directory
  • 統合 Windows 認証を使用する Active Directory
  • LDAP ディレクトリ
注: また、ジャストインタイム プロビジョニングを使用し、サードパーティ ID プロバイダから送信された SAML アサーションを使用して、ログイン時に動的に VMware Identity Manager サービスでユーザーを作成できます。

サポートされるリソース

VMware Identity Manager Connector は、次のタイプのリソースとの統合をサポートします。

  • VMware Horizon® 7、Horizon 6 または View デスクトップ プールおよびアプリケーション プール
  • VMware Horizon® Cloud Service™ with Hosted and On-Premises Infrastructure(クラウド ホスト型およびオンプレミス型)
  • Citrix 公開リソース
注: さらに、VMware Identity Manager は Web アプリケーションとネイティブ モバイル アプリをサポートします。