オフライン アップグレードを実行するには、ローカルの Web サーバを参照するようにVMware Identity Managerアプライアンスを構成します。その後にアプライアンスをアップグレードします。

手順

  1. VMware Identity Managerアプライアンスに root ユーザーとしてログインします。
  2. 次のコマンドを実行して、ローカルの Web サーバを使用するアップグレード リポジトリを構成します。
    /usr/local/horizon/update/updatelocal.hzn seturl http://YourWebServer/VM/
    		  
    注: 構成を元に戻してオンライン アップグレードの機能を回復するには、次のコマンドを実行します。
    /usr/local/horizon/update/updatelocal.hzn setdefault
  3. アップグレードを実行します。
    1. 次の updatemgr.hznコマンドを実行します。
      /usr/local/horizon/update/updatemgr.hznupdateinstaller
    2. 次のコマンドを実行します。
      /usr/local/horizon/update/updatemgr.hznupdate

      アップグレード中に発生したメッセージは、update.log ファイル(/opt/vmware/var/log/update.log)に保存されます。

      組み込みコネクタ構成の移行に関するメッセージが表示されます。

    3. Enter キーを押します。
      システムは、 /root ディレクトリの下の移行パッケージ ( cluster-support.tgz) を検索します。

      パッケージのダウンロードは、組み込みコネクタの構成を移行するための前提条件となります。この手順は、現在の展開環境で組み込みのコネクタが使用されているかどうかに関わらず必要です。VMware Identity Manager 19.03.0.0 以降、コネクタは VMware Identity Manager には組み込まれなくなりましたが、外部 Windows システムでのみ使用できます。

      cluster-support.tgz 移行パッケージに関するメッセージが表示されます。
      • cluster-support.tgz パッケージが見つからない場合、そのことを伝えるメッセージが表示されます。この場合は、パッケージを /root の場所に保存し、更新コマンドを再度実行します。
      • cluster-support.tgz パッケージが見つかると、システムはパッケージを展開し、パッケージ内のファイルをリストし、generateClusterFile.sh ファイルを実行して、パスワードを作成するように要求します。
    4. パスワードを作成し、追加のプロンプトに応答して、組み込みコネクタの構成をファイルに保存します。
      組み込みコネクタは Linux システム上にあることに注意してください。組み込みコネクタの構成情報を移行する場合は、情報を Windows システムの外部コネクタに移行する必要があります。次の設定は、展開環境の仕様に応じて、Linux および Windows システムに均等に適用されない場合があります。そこで、次の構成情報を含めるかどうかを決定します。
      プロンプト 説明
      Syslog 設定を含めますか? 組み込み Linux ベースのコネクタの Syslog サーバ設定を外部 Windows システムにコピーする場合は、デフォルトの Y(はい)をそのまま受け入れます。

      それ以外の場合は、N を入力します。

      プロキシ設定を含めますか? 組み込み Linux ベースのコネクタのプロキシ設定を外部 Windows システムにコピーする場合は、デフォルトの Y(はい)をそのまま受け入れます。

      それ以外の場合は、N を入力します。

      システムは VMware Identity Manager サービスのアップグレードを開始し、 /root ディレクトリの下に cluster で始まる .enc 移行ファイル( cluster-host-domain-conn-timestamp.enc など)を作成します。正確なファイル名については、コマンド出力を参照してください。このファイルには、組み込みコネクタの移行情報が含まれています。組み込みコネクタを外部コネクタに移行する場合は、このファイルを外部 Windows システムにコピーする必要があります。組み込みコネクタを移行しない場合は、ベスト プラクティスとして、将来情報が必要になった場合に備えて cluster...enc ファイルを組み込みコネクタの構成のバックアップとして保持しておきます。

      アップグレードが完了した後、アップグレードされたバージョンの VMware Identity Manager サービスには、機能する組み込みコネクタが含まれなくなります。

    5. もう一度 updatemgr.hzn checkコマンドを実行して、より新しいアップデートがないことを確認します。
      /usr/local/horizon/update/updatemgr.hzncheck
    6. アップグレードしたアプライアンスのバージョンを確認します。
                      vamicli version --appliance
                    
      このコマンドは新しいバージョンを表示します。
    7. 仮想アプライアンスを再起動します。
      たとえば、コマンド ラインで次のコマンドを実行します。
      reboot

結果

アップグレードは完了です。

アップグレード後の構成を参照してください。