次のアップグレード パスおよびアップグレード シナリオがサポートされています。

重要: VMware Identity Manager 19.03.0.0 以降、 VMware Identity Manager サービスには組み込みコネクタが含まれなくなり、外部 Linux ベースのコネクタは廃止されます。外部 Linux ベースのコネクタの新しいバージョンは使用できなくなりました。

組み込みコネクタを使用する展開環境からアップグレードする場合は、外部 Windows ベースのコネクタに切り替える必要があります。外部 Linux ベースのコネクタを使用している場合、ベスト プラクティスは、このアップグレード中に外部 Windows ベースのコネクタに切り替えることです。そうしないと、更新されたコネクタで使用可能な最新の機能を使用できません。外部 Windows ベースのコネクタを使用している場合は、既存のインスタンスを引き続き使用できますが、ベスト プラクティスとして、外部 Windows ベースのコネクタ インスタンスをアップグレードして最新の機能を使用できるようにします。

VMware Identity Manager 19.03.0.0 Windows コネクタ は、VMware ThinApp® パッケージをサポートしていません。展開環境で、保持しておきたい ThinApp パッケージへのアクセスが提供されている場合は、VMware Identity Manager 19.03.0.0 Windows コネクタ にアップグレードしないでください。

組み込みコネクタまたは外部 Linux ベースのコネクタの情報を外部 Windows ベースのコネクタに移行する場合、移行パッケージを使用できます。

組み込みコネクタまたは外部 Linux ベースのコネクタで移行パッケージを実行する場合、パスワード認証方法を除くすべての認証方法が無効になります。無効化によって、コネクタの IP アドレスなどの構成を更新できます。対応する Windows ベースのコネクタ インスタンスをインストールした後、無効になっている認証方法を正しい構成設定を使用して再度有効にする必要があります。

VMware Identity Manager のバージョン番号

VMware Identity Manager は major.minor のバージョン番号モデルから年と月 (yy.mm) で表される日付駆動のモデルに移行しています。本リリースのバージョンは 19.03.0.0 です。以前のバージョンは 3.3 でした。

サポートされているアップグレード パス

次のアップグレード パスがサポートされています。

  • バージョン 3.2.0.1 または 3.3 から直接バージョン 19.03.0.0 へ。
注: 3.2.0.1 以前のバージョンからアップグレードするには、最初にバージョン 3.2.0.1 にアップグレードし、次に 3.2.0.1 から 19.03.0.0 にアップグレードする必要があります。オンライン アップグレードを実行するときには、アップグレードが許可されている最新バージョンが表示されます。必要な場合は、許可されているバージョンにアップグレードし、次に 3.2.0.1 にアップグレードします。

Workspace ONE UEM との互換性

VMware 製品の相互運用性マトリックス(英語)には、VMware Workspace ONE UEM Console などの VMware 製品とコンポーネントの現在および過去のバージョンの互換性に関する詳細が記述されています。

インターネット接続

VMware Identity Manager は、オンラインまたはオフラインでアップグレードできます。

デフォルトでは、VMware Identity Manager アプライアンスは VMware Web サイトを使用してアップグレード手順を実行します。そのため、アプライアンスにはインターネット接続が必要です。また、アプライアンスでプロキシ サーバ設定を行う必要があります(該当する場合)。

仮想アプライアンスにインターネット接続を設定していない場合は、オフラインでアップグレードを実行できます。オフライン アップグレードの場合は、My VMware からアップグレード パッケージをダウンロードします。updateoffline.hzn スクリプトを使用してアップグレードを実行するか、ローカルの Web サーバを設定してアップグレード ファイルをホストすることができます。

アップグレード シナリオ

  • 単一の VMware Identity Manager アプライアンスを展開している場合、VMware Identity Manager のオンライン アップグレードまたはVMware Identity Manager のオフライン アップグレードの説明に従ってオンラインまたはオフラインでアップグレードします。
    注: アップグレード中はすべてのサービスが停止するので、ダウンタイムが発生することが予想されます。ダウンタイムに応じて適切にアップグレードのタイミングを計画してください。
  • フェイルオーバーまたは高可用性の目的でクラスタに複数の VMware Identity Manager 仮想アプライアンスを展開している場合は、クラスタのアップグレードを参照してください。
  • マルチデータセンターを導入している環境で、VMware Identity Manager のアップグレードによるダウンタイムを最小限にするには、『VMware Identity Manager のインストールと構成』の「最小限のダウンタイムでの VMware Identity Manager のアップグレード」を参照してください。