VMware Identity Manager Connector 証明書の有効期限が切れたら、コネクタ管理ページ (https://connetorFQDN:8443/cfg/ssl) で証明書を更新します。

前提条件

現在有効な証明書の有効期限が切れる前に、更新済みのサーバ証明書および中間証明書を CA から入手します。

手順

  1. https://connectorFGDN:8443/cf/login と入力して、管理者ユーザーとしてコネクタ管理の構成ページにログインします。
  2. [SSL 証明書のインストール] > [サーバ証明書] を選択します。
  3. [SSL 証明書] テキスト ボックスで、[カスタム証明書] を選択します。
  4. ファイルをインポートするには、[ファイルを選択] をクリックし、インポートする証明書ファイルに移動します。
    PEM ファイルの場合は、ファイルに正しい順序で証明書チェーン全体が含まれていることを確認します。-----BEGIN CERTIFICATE----- と -----END CERTIFICATE---- の行を含めて、これらの行の間にあるすべての行を含める必要があります。
  5. PEM ファイルがインポートされている場合は、[プライベート キー] でプライベート キーをインポートします。----BEGIN RSA PRIVATE KEY と ---END RSA PRIVATE KEY の行の間にあるすべての行を含める必要があります。
    PFX ファイルがインポートされている場合は、pfx パスワードを入力します。
  6. [保存] をクリックします。
    サービスが再起動され、証明書が更新されます。