IP プールを使用するネットワーク構成は、Workspace ONE Access ではオプションです。Workspace ONE Access 仮想アプライアンスがインストールされた後、それに手動で IP プールを追加できます。

IP プールは DHCP サーバのような役割を果たし、プールから VMware Workspace ONE Access 仮想アプライアンスに IP アドレスを割り当てます。IP プールを使用するには、仮想アプライアンス ネットワークのプロパティを編集してプロパティを動的プロパティに変更し、ネットマスク、ゲートウェイ、および DNS 設定を構成します。

前提条件

仮想アプライアンスをパワーオフする必要があります。

手順

  1. vSphere Client または vSphere Web Client では、VMware Workspace ONE Access 仮想アプライアンスを右クリックして、[設定の編集] を選択します。
  2. [オプション] タブを選択します。
  3. [vApp オプション] で、[詳細] をクリックします。
  4. 右側にある [プロパティ] セクションで、[プロパティ] ボタンをクリックします。
  5. [詳細プロパティ構成] ダイアログ ボックスで、次のキーを構成します。
    • vami.DNS.IdentityManager
    • vami.netmask0.IdentityManager
    • vami.gateway.IdentityManager
    1. いずれかのキーを選択して、[編集] をクリックします。
    2. [プロパティ設定の編集] ダイアログ ボックスで、[タイプ] フィールドの横の [編集] をクリックします。
    3. [プロパティ タイプの編集] ダイアログ ボックスで [動的プロパティ] を選択し、[ネットマスク][ゲートウェイ アドレス]、および [DNS サーバ] それぞれのドロップダウン メニューから適切な値を選択します。
    4. [OK] をクリックし、もう一度 [OK] をクリックします。
    5. キーごとにこれらの手順を繰り返します。
  6. 仮想アプライアンスをパワーオンします。

結果

プロパティは、IP プールを使用するよう構成されました。

次のタスク

Workspace ONE Access 設定の構成