Workspace ONE Access インスタンスが展開されたら、セットアップ ウィザードを使用してパスワードを設定し、データベースを選択します。

セットアップ ウィザードを実行する場合は、完全修飾ホスト名を使用します。名前には IP アドレスを入力しないでください。

前提条件

  • Workspace ONE Access マシンがパワーオンされています。
  • 外部データベースが構成されており、外部データベース接続情報が利用可能です。セットアップ ウィザードを実行する前に、データベースの設定が正しいことを確認します。詳細については、Workspace ONE Access サービス データベースの作成を参照してください。

手順

  1. インストールが完了したら、表示された Workspace ONE Access URL に移動します。完全修飾ドメイン名 (FQDN) を入力します。たとえば、https://WS1AccessHostnameFQDN.example.com などです。
  2. 証明書への同意を求めるメッセージが表示されたら、同意します。
    証明書の更新は最初の設定の後に可能です。
  3. [開始する] ページで [続行] をクリックします。
  4. [パスワードを設定] ページで、次の管理者アカウントのパスワードを設定します。これらはアプライアンスの管理に使用されます。設定したら [続行] をクリックします。
    アカウント
    アプライアンス管理者 [管理者] ユーザーのパスワードを設定します。このユーザー名は変更できません。[admin] ユーザー アカウントは、アプライアンス設定の管理に使用されます。
    重要: [admin] ユーザーは、6 文字以上のパスワードを使用する必要があります。
    アプライアンスの root ユーザー root ユーザー パスワードを設定します。[root] ユーザーは、アプライアンスのすべての権限を持ちます。
    リモート ユーザー [sshuser] のパスワードを設定します。これは、SSH 接続を使用してリモートからアプライアンスにログインするために使用されます。
  5. [データベースを選択] ページで、使用するデータベースを選択します。
    • 外部データベースを使用する場合は、[外部データベース] を選択し、外部データベースの接続情報、ユーザー名、およびパスワードを入力します。Workspace ONE Access がデータベースに接続できることを確認するには、[接続をテスト] をクリックします。

      接続を確認したら、[続行] をクリックします。

    • 内部データベースを使用している場合は、[続行] をクリックします。
      注: 本番環境では、内部データベースを使用することをお勧めしません。
    データベースへの接続を構成し、データベースを初期化します。このプロセスが完了すると、 [セットアップが完了しました] ページが表示されます。

次のタスク

ディレクトリを設定するには、最初に Workspace ONE Access Connector の 1 つ以上のインスタンスをインストールする必要があります。対応するバージョンの『Workspace ONE Access Connector のインストール』ガイドを参照してください。ディレクトリを設定する前に、要件および制限事項について『Workspace ONE Access とのディレクトリ統合』を確認してください。