Workspace ONE UEM を使用したパスワード認証は、Workspace ONE UEM サービスを介して AirWatch Cloud Connector を使用して認証します。Workspace ONE Access コンソールの [ID とアクセス管理] > [Workspace ONE UEM] ページで、この [Workspace ONE UEM を介したユーザー パスワード認証] を有効にします。

(Workspace ONE UEM を使用した)パスワード認証方法は、[ID とアクセス管理] > [認証方法] ページで表示して管理することができ、[ID プロバイダ] ページの組み込み ID プロバイダに関連付けられます。

重要: AirWatch Cloud Connector ソフトウェアがアップグレードされたら、 Workspace ONE Access コンソールで Workspace ONE UEM の設定を確実に更新してください。これにより、(Workspace ONE UEM を使用した)パスワード認証方法の構成も更新されます。

手順

  1. Workspace ONE Access コンソールの [ID とアクセス管理] タブで、[認証方法] を選択します。
  2. [Workspace ONE UEM でのパスワード] の [構成] 列で鉛筆アイコンをクリックします。
  3. 以下の構成を確認します。
    オプション 説明
    Workspace ONE UEM パスワード認証を有効化 このチェック ボックスにより、Workspace ONE UEM パスワード認証が有効になります。
    Workspace ONE UEM 管理コンソール URL Workspace ONE UEM URL があらかじめ入力されています。

    Workspace ONE UEM の API キー

    Workspace ONE UEM 管理用の API キーがあらかじめ入力されています。

    認証に使用する証明書 AirWatch Cloud Connector の証明書があらかじめ入力されています。
    証明書のパスワード AirWatch Cloud Connector の証明書のパスワードがあらかじめ入力されています。
    Workspace ONE UEM グループ ID 組織グループ ID があらかじめ入力されています。
    許可されている認証試行回数 Workspace ONE UEM パスワードを認証に使用するときのログイン試行の最大失敗回数。失敗したログインの回数がこの値に達すると、以降のログインは許可されません。このオプションが設定されている場合、Workspace ONE Access サービスはフォールバック認証方法の使用を試みます。デフォルトは、5 回です。
    JIT を有効化 JIT が有効になっていない場合、ユーザーが初めてログインする際に Workspace ONE Access サービスで動的にユーザーのジャストインタイム プロビジョニングを有効にするには、このチェック ボックスを選択します。
  4. [保存] をクリックします。