問題のデバッグとトラブルシューティングを行うために、コネクタ サーバに格納されている Workspace ONE Access Connector ログ ファイルを表示できます。ディレクトリ同期サービス、ユーザー認証サービス、および Kerberos 認証サービスには、それぞれ独自のログ ファイルがあります。

ログ ファイルのタイプ ログ ファイルの場所 説明
インストールのログ ファイル ConnectorInstallerFolder\Workspace_ONE_Access_Connector_Installer.log インストールに関連するメッセージ
ユーザー認証サービスのログ ファイル INSTALL_DIR\Workspace ONE Access\User Auth Service\logs\eas-service.log 認証に関連するメッセージ
ディレクトリ同期サービスのログ ファイル INSTALL_DIR\Workspace ONE Access\Directory Sync Service\logs\eds-service.log ディレクトリ同期に関連するメッセージ
Kerberos 認証サービスのログ ファイル INSTALL_DIR\Workspace ONE Access\Kerberos Auth Service\logs\eks-service.log Kerberos 認証に関連するメッセージ
エンタープライズ サービスの vertex ログ INSTALL_DIR/User Auth Service/logs/eas-vertx-access.log

INSTALL_DIR/Directory Sync Service/logs/eds-vertx-access.log

INSTALL_DIR/Kerberos Auth Service/logs/eks-vertx-access.log

エンタープライズ サービスでの API 要求に関する情報。
エンタープライズ サービス プロセスの標準出力ログ INSTALL_DIR/User Auth Service/logs/UserAuthService.out.log

INSTALL_DIR/Directory Sync Service/logs/DirectorySyncService.out.log

INSTALL_DIR/Kerberos Auth Service/logs/KerberosAuthService.out.log

エンタープライズ サービスを実行しているプロセスに関する情報。
エンタープライズ サービス プロセスの標準エラー ログ INSTALL_DIR/User Auth Service/logs/UserAuthService.err.log

INSTALL_DIR/Directory Sync Service/logs/DirectorySyncService.err.log

INSTALL_DIR/Kerberos Auth Service/logs/KerberosAuthService.err.log

エンタープライズ サービスを実行しているプロセスに関するエラー情報。
エンタープライズ サービス プロセスのラッパー ログ INSTALL_DIR/User Auth Service/logs/UserAuthService.wrapper.log

INSTALL_DIR/Directory Sync Service/logs/DirectorySyncService.wrapper.log

INSTALL_DIR/Kerberos Auth Service/logs/KerberosAuthService.wrapper.log

Java オプションやプロセス ID などのエンタープライズ サービスを実行しているプロセスに関する情報。

コネクタ ログ ファイルの DEBUG モードの有効化

展開に関する問題のトラブルシューティングを行うために、servicename-service.log ファイルに対して DEBUG モードを有効にできます。これにより、DEBUG のメッセージがログ ファイルに書き込まれます。これらのメッセージは、問題に関する詳細情報を提供します。

DEBUG モードをオンにするには、次の手順を実行します。

  1. コネクタ サーバにログインします。
  2. トラブルシューティングの対象となるサービスの log4j2-override.xml ファイルを編集します。
    • ディレクトリ同期サービスのログ レベルを調整するには、INSTALL_DIR\Workspace ONE Access\Directory Sync Service\conf\log4j2-override.xml ファイルを編集します。
    • ユーザー認証サービスのログ レベルを調整するには、INSTALL_DIR\Workspace ONE Access\User Auth Service\conf\log4j2-override.xml ファイルを編集します。
    • Kerberos 認証サービスのログ レベルを調整するには、INSTALL_DIR\Workspace ONE Access\Kerberos Auth Service\conf\log4j2-override.xml ファイルを編集します。
  3. 次の行で、INFODEBUG に変更します。
    <Loggers>
        <Logger name="com.vmware" level="INFO"/>
      </Loggers>
    
      <Loggers>
        <Root level="INFO">
          <AppenderRef ref="asyncFileLogger"/>
        </Root>
      </Loggers>
  4. ファイルを保存します。

変更は数分後に反映されます。サービスの servicename-service.log ファイルの DEBUG モードがオンになっています。たとえば、ディレクトリ同期サービスの log4j2-override.xml ファイルを編集した場合、eds-service.log ファイルの DEBUG モードがオンになります。

コネクタ ログ ファイルのテーリング

ログ ファイルをテーリングすると、ログ ファイルの末尾の n 行を表示できます。tail コマンドで -wait オプションを使用し、ログを監視することもできます。-wait オプションを使用すると、ログを更新するたびに、指定した数の行がコンソールに印刷されます。

  1. コネクタ サーバで、Windows PowerShell を開きます。
  2. ログ ファイルを含むフォルダに移動します。
  3. 次のコマンドを入力します。

    Get-Content logFile -Tail numberOfLines –wait

    例:

    Get-Content eds-service.log -Tail 2 –wait

追加情報

ログ ファイルのサイズと数を増やす方法については、Workspace ONE Access Connector ログ ファイルのサイズと数を増やすを参照してください。