VMware Workspace ONE® Access™ サービス(旧称 VMware Identity Manager™)は、プロジェクト PhotonOS™(最小限の Linux コンテナ ホスト)を使用してオンプレミスで利用できます。

オンプレミスのインストールが終了したら、管理コンソールを使用してユーザーとグループを管理し、認証とアクセス ポリシーを設定および管理し、Web アプリケーション、VMware Horizon® アプリケーションとデスクトップ、および Citrix 公開リソースなどのリソースをカタログに追加し、カタログ内のリソースに対する使用資格を管理することができます。

対象者

この情報は Workspace ONE Access の管理者を対象としています。VMware テクノロジ、特に、vCenter™、ESX™、vSphere®、ネットワーキングの概念、Active Directory サーバ、データベース、バックアップとリストアの手順、SMTP (Simple Mail Transfer Protocol)、および NTP サーバに精通している、Linux および Windows のシステム管理者向けに記述されています。VMware ThinApp®、Citrix 公開リソースおよび RSA SecurID などのその他の機能の実装を計画している場合は、それらのテクノロジーの知識も役立ちます。

Workspace ONE Access とその他のテクノロジー

Workspace ONE Access サービスを、Workspace ONE Access Connector など、他のいくつかのテクノロジーと統合する必要があります。サービスは他の VMware テクノロジー(vCenter Server™、ESX™、vSphere® など)と統合する必要があります。

他の多くのテクノロジー(Active Directory、データベース、バックアップ/リストア手順、Simple Mail Transfer Protocol (SMTP)、NTP サーバなど)の知識が必要です。VMware Horizon や RSA SecurID のような他のテクノロジーの知識も、その機能の実装を計画している場合に役立ちます。