展開時に、Workspace ONE Access インスタンスが内部ネットワーク内にセットアップされます。外部ネットワークから接続するユーザーがサービスにアクセスできるようにする場合は、VMware NSX® Advanced Load Balancer™、Apache、Nginx、F5 などのロード バランサまたはリバース プロキシを DMZ にインストールする必要があります。

ロード バランサまたはリバース プロキシを使用しない場合、Workspace ONE Access インスタンスの数を後で増やすことはできません。冗長性やロード バランシングを実現するために、インスタンスの追加が必要になる可能性があります。下記の図に、外部アクセスを有効するために使用できる、基本展開アーキテクチャを示します。

図 1. 外部ロード バランサ プロキシと仮想マシン
外部ロード バランサ プロキシと仮想マシン

展開時に Workspace ONE Access FQDN を指定する

Workspace ONE Access アプライアンスの展開時に、Workspace ONE Access の FQDN とポート番号を入力します。これらの値は、エンド ユーザーがアクセスするホスト名を示している必要があります。

Workspace ONE Access マシンは、常にポート 443 で実行されます。ロード バランサには、異なるポート番号を使用できます。異なるポート番号を使用する場合は、展開時に指定する必要があります。ポート番号には 8443 を使用しないでください。このポート番号は Workspace ONE Access の管理ポートで、クラスタ内のマシンごとに一意です。

構成するロード バランサ設定

X-Forwarded-For ヘッダの有効化、ロード バランサのタイムアウトの正確な設定、およびスティッキー セッションの有効化など、ロード バランサの設定を構成します。さらに、Workspace ONE Access Connector マシンとロード バランサ間に SSL トラストを構成する必要があります。

  • X-Forwarded-For ヘッダー

    ロード バランサで X-Forwarded-For ヘッダーを有効にする必要があります。これによって、認証方法が決定します。詳細については、ロード バランサのベンダーから提供されるドキュメントを参照してください。

  • ロード バランサのタイムアウト

    Workspace ONE Access が正しく機能するように、ロード バランサの要求のタイムアウトをデフォルトの値から増やす必要がある場合があります。この値は、分単位で設定します。タイムアウト設定が短すぎると、「502 error: The service is unavailable.」というエラーが発生することがあります。

  • スティッキー セッションの有効化

    環境に複数の Workspace ONE Access マシンがある場合は、ロード バランサ上でスティッキー セッションの設定を有効にする必要があります。ロード バランサはユーザーのセッションを特定のインスタンスにバインドします。

  • セッション Cookie をブロックしない

    ロード バランサにルールを追加して、セッション Cookie をブロックしないようにします。このようなルールをロード バランサに追加すると、動作が一貫せず、要求が失敗する可能性があります。

  • WebSocket サポート

    ロード バランサには、コネクタ インスタンスと Workspace ONE Access ノード間のセキュアな通信チャネルを有効にするための WebSocket サポートが必要です。

    ご利用の展開環境で VMware Workspace ONE Hub サービスが統合されている場合は、Hub サービスの通知に WebSocket サポートが必要です。したがって、エンド ユーザーのブラウザとデバイスに Web ソケットのサポートを提供する必要があります。

  • Forward Secrecy 付き暗号

    Apple iOS App Transport Security 要件は iOS の Workspace ONE アプリケーションに適用されます。ユーザーが iOS で Workspace ONE アプリケーションを使用できるようにするには、ロード バランサに Forward Secrecy 付き暗号が必要です。次の暗号がこの要件を満たしています。

    GCM または CBC モードの ECDHE_ECDSA_AES および ECDHE_RSA_AES

    iOS 11 の『iOS セキュリティ』ドキュメントには次のように記載されています。

    「App Transport Security は、アプリケーションが NSURLConnection、CFURL、または NSURLSession API を使用する場合のセキュアな接続についてのベスト プラクティスを遵守するための、デフォルトの接続要件を提供します。デフォルトでは、App Transport Security は暗号の選択を制限し、特に GCM または CBC モードでの ECDHE_ECDSA_AES および ECDHE_RSA_AES など、Forward Secrecy を提供するスイートのみを含むようにしています。」