サードパーティの ID プロバイダをアプリ ソースとして Workspace ONE Hub カタログに追加して、サードパーティ ID プロバイダから Workspace ONE への多数のアプリケーションの展開を簡素化できます。

SAML 2.0 認証プロファイルを使用する Web アプリケーションがカタログに追加できます。アプリケーションの構成は、アプリ ソースでの構成に基づきます。アプリケーション名とターゲット URL のみを構成する必要があります。

サードパーティのアプリ ソースから構成された設定とポリシーは、アプリ ソースによって管理されるすべてのアプリケーションに適用できます。

詳細については、『VMware Workspace ONE Access でのリソースのセットアップ』ガイドのWorkspace ONE Access でサードパーティの管理対象アプリケーションへのアクセスを提供を参照してください。