ディレクトリ同期サービス、ユーザー認証サービス、Kerberos 認証サービス、および仮想アプリケーション サービスによって、個別のログ ファイルが作成され、問題のトラブルシューティングに使用できます。デフォルトで保存されるよりも多くのログを保存する場合は、ファイルのサイズと、ログのローテーション前に作成されるファイルの数を増やすことができます。

サービスのすべてのログ ファイルは、INSTALL_DIR\Workspace ONE Access\servicename\logs フォルダに保存されます。たとえば、ディレクトリ同期サービスのログ ファイルは INSTALL_DIR\Workspace ONE Access\Directory Sync Service\logs フォルダにあります。

通常、サイズと数を増やす必要がある可能性のあるログ ファイルは、servicename-service.log ファイルと servicename-vertx-access.log ファイルです。

次の XML ファイルには、ログ ファイルの設定が含まれています。

  • INSTALL_DIR\Workspace ONE Access\servicename\servicename.xml ファイルには、servicename.err.log ファイルと servicename.out.log ファイルの設定が含まれています。
    ログ ファイル 設定ファイル デフォルト サイズ デフォルトで保存されるファイルの数
    DirectorySyncService.err.log INSTALL_DIR\Workspace ONE Access\Directory Sync Service\DirectorySyncService.xml 10240 KB 8
    DirectorySyncService.out.log INSTALL_DIR\Workspace ONE Access\Directory Sync Service\DirectorySyncService.xml 10240 KB 8
    UserAuthService.err.log INSTALL_DIR\Workspace ONE Access\User Auth Service\UserAuthService.xml 10240 KB 8
    UserAuthService.out.log INSTALL_DIR\Workspace ONE Access\User Auth Service\UserAuthService.xml 10240 KB 8
    KerberosAuthService.err.log INSTALL_DIR\Workspace ONE Access\Kerberos Auth Service\KerberosAuthService.xml 10240 KB 8
    KerberosAuthService.out.log INSTALL_DIR\Workspace ONE Access\Kerberos Auth Service\KerberosAuthService.xml 10240 KB 8
    VirtualAppService.err.log INSTALL_DIR\Workspace ONE Access\Virtual App Service\VirtualAppService.xml 10240 KB 8
    VirtualAppService.out.log INSTALL_DIR\Workspace ONE Access\Virtual App Service\VirtualAppService.xml 10240 KB 8
  • INSTALL_DIR\Workspace ONE Access\servicename\conf\log4j2-override.xml には、servicename-service.log ファイルと servicename-vertx-access.log ファイルの設定が含まれています。
    ログ ファイル 設定ファイル デフォルト サイズ デフォルトで保存されるファイルの数
    eds-service.log INSTALL_DIR\Workspace ONE Access\Directory Sync Service\conf\log4j2-override.xml 50 MB 5
    eds-vertx-access.log INSTALL_DIR\Workspace ONE Access\Directory Sync Service\conf\log4j2-override.xml 50 MB 5
    eas-service.log INSTALL_DIR\Workspace ONE Access\User Auth Service\conf\log4j2-override.xml 50 MB 5
    eas-vertx-access.log INSTALL_DIR\Workspace ONE Access\User Auth Service\conf\log4j2-override.xml 50 MB 5
    eks-service.log INSTALL_DIR\Workspace ONE Access\Kerberos Auth Service\conf\log4j2-override.xml 50 MB 5
    eks-vertx-access.log INSTALL_DIR\Workspace ONE Access\Kerberos Auth Service\conf\log4j2-override.xml 50 MB 5
    eis-service.log INSTALL_DIR\Workspace ONE Access\Virtual App Service\conf\log4j2-override.xml 50 MB 5
    eis-vertx-access.log INSTALL_DIR\Workspace ONE Access\Virtual App Service\conf\log4j2-override.xml 50 MB 5
注: ログ ファイルの説明については、 Workspace ONE Access Connector ログ ファイル(Workspace ONE Access クラウドのみ)へのアクセスを参照してください。また、このページには、 DEBUG モードの有効化およびログ ファイルのテーリングについての情報も表示されます。

手順

  1. Workspace ONE Access Connector サーバにログインします。
  2. サービスの servicename.err.log ファイルと servicename.out.log ファイルのサイズまたは数を変更するには、次の手順を実行します。
    1. INSTALL_DIR\Workspace ONE Access\servicename フォルダに移動し、servicename.xml ファイルを開いて編集します。たとえば、ディレクトリ同期サービスの場合は、INSTALL_DIR\Workspace ONE Access\Directory Sync Service\DirectorySyncService.xml ファイルを編集します。
    2. 次のエントリを見つけます。
         <log mode="roll-by-size">
              <sizeThreshold>10240</sizeThreshold>
              <keepFiles>8</keepFiles>
          </log>
    3. 要件に基づいて、<sizeThreshold> エントリでファイル サイズ、<keepFiles> エントリで保持するファイルの数を更新します。
    4. ファイルを保存します。
  3. サービスの servicename-service.log ファイルと servicename-vertx-access.log ファイルのサイズおよび数を増やすには、次の手順を実行します。
    1. INSTALL_DIR\Workspace ONE Access\servicename\conf フォルダに移動し、log4j2-override.xml ファイルを編集します。たとえば、ディレクトリ同期サービスの場合は、INSTALL_DIR\Workspace ONE Access\Directory Sync Service\conf\log4j2-override.xml ファイルを編集します。
    2. <Configuration …></Configuration> の行の間に次の行を追加します。
      <Appenders>
      <RollingFile name="fileLogger" fileName="${logFilePathAndNamePrefix}.log"
      filePattern="${logFilePathAndNamePrefix}-%i.log">
      
      <PatternLayout pattern="${defaultLayout}" />
      
      <Policies>
      <SizeBasedTriggeringPolicy size="50 MB" />
      </Policies>
      <DefaultRolloverStrategy max="5"/>
      </RollingFile>
      
      <!-- Rolling file appender, used by vertx access log -->
      <RollingFile name="accessFileLogger" fileName="${accessLogFilePathAndNamePrefix}.log"
      filePattern="${accessLogFilePathAndNamePrefix}-%i.log">
      
      <PatternLayout pattern="${accessLogLayout}" />
      
      <Policies>
      <SizeBasedTriggeringPolicy size="50 MB" />
      </Policies>
      <DefaultRolloverStrategy max="5"/>
      </RollingFile>
      </Appenders>
      注: <RollingFile name="fileLogger"… セクションは servicename-service.log ファイル用で、 <RollingFile name="accessFileLogger"… セクションは servicename-vertx-access.log ファイル用です。
    3. servicename-service.log ファイルのサイズと数を指定するには、追加した <RollingFile name="fileLogger"… セクションで、次の行を編集します。
      • 要件に基づいてファイルのサイズを指定する場合は <SizeBasedTriggeringPolicy size="50 MB" />
      • 要件に基づいて保持するファイル数を指定する場合は <DefaultRolloverStrategy max="5"/>
    4. servicename-vertx-access.log ファイルのサイズと数を指定するには、追加した <RollingFile name="accessFileLogger"… セクションで、次の行を編集します。
      • 要件に基づいてファイルのサイズを指定する場合は <SizeBasedTriggeringPolicy size="50 MB" />
      • 要件に基づいて保持するファイル数を指定する場合は <DefaultRolloverStrategy max="5"/>
    5. ファイルを保存します。