Workspace ONE Access の監視は、Workspace ONE ソリューションの正常な動作を維持するための重要な機能です。このトピックでは、Workspace ONE Access Connector の健全性チェックに関する情報を提供します。

ロード バランサの健全性チェック

高可用性のために、ロード バランサの背後で Kerberos 認証サービスのみが構成されます。Kerberos 認証サービスを監視するには、次のエンドポイントを使用します。

コンポーネント 健全性チェック 予想される結果 メモ
Kerberos 認証サービス デフォルトの 443 ポートを使用する場合:https://hostname/eks/health

カスタム ポートを使用する場合:https://hostname:portnumber/eks/health

文字列: true

Http: 200

30 秒ごとの頻度

エンタープライズ サービスの健全性チェック

Workspace ONE Access コンソールの [コネクタ] ページからディレクトリ同期サービス、ユーザー認証サービス、Kerberos 認証サービス、および仮想アプリケーション サービスを監視できます。[新しいナビゲーション] トグルをオンにした Workspace ONE Access クラウド テナントでは、[統合] > [コネクタ] に移動します。[新しいナビゲーション] トグルをオフにしたテナントで、[ID とアクセス管理] > [セットアップ] > [コネクタ] の順に移動します。

[コネクタ] ページにはインストールされているすべてのサービスが一覧表示され、[健全性] 列に各サービスの健全性ステータスが表示されます。

関連情報

Workspace ONE Access サービスの監視の詳細については、『VMware Workspace ONE Access のインストールと構成』の「Workspace ONE Access の監視」を参照してください。