Workspace ONE Access Connector インストーラは、サイレント モードで次のプロパティを受け入れます。プロパティは、XML ファイルで指定することも、コマンド ラインから直接入力することもできます。

プロパティ

プロパティ 説明
ADDLOCAL UserAuthService

DirectorySyncService

KerberosAuthService

VirtualAppService

インストールするエンタープライズ サービス。複数のサービスを指定するには、カンマ区切りのリストを使用します。例:"UserAuthService,DirectorySyncService"
INSTALLDIR directoryPath 使用するインストール ディレクトリ

デフォルト値:C:\VMware\Silent

TARGETDIR directoryPath 使用するインストール ディレクトリ。INSTALLDIR と同じ値を入力します。

デフォルト値:C:\VMware\Silent

WS1_IS_CLOUD_ONLY 1 WS1_IS_CLOUD_ONLY=1 は、Workspace ONE Access クラウド テナントに対してコネクタをインストールしていることを示します。このプロパティは、22.05 Connector のインストールに必要です。このプロパティを指定しない場合、または 1 以外の値を指定した場合、インストールは失敗します。

22.05 コネクタは、Workspace ONE Access クラウドとのみ互換性があります。オンプレミスの Workspace ONE Access 仮想アプライアンスとは互換性がありません。

WS1_ENABLE_FIPS 1(FIPS モードでインストール)

0(非 FIPS モードでインストール)

FIPS モードの情報、要件、および前提条件については、Workspace ONE Access Connector と FIPS モード(Workspace ONE Access Cloud のみ)を参照してください。
重要: インストール後にモードを FIPS モードから非 FIPS モードに、または非 FIPS モードから FIPS モードに変更することはできません。したがって、インストールを開始する前に、要件と前提条件を慎重に確認し、FIPS を有効にするかどうかを決めてください。
WS1_CONFIG_FILE_PATH configFilepath Workspace ONE Access コンソールからダウンロードした構成ファイルのパス。ファイルのデフォルトの名前は、es-config.json です。

デフォルト値:C:\Installer\es-config.json(インストーラを含むディレクトリ)

また、WS1_CONFIG_FILE_PASSWORD を使用してコマンド ラインでファイルのパスワードを指定します。

WS1_CONFIG_FILE_PASSWORD configFilePassword WS1_CONFIG_FILE_PATH のパスワード。

WS1_CONFIG_FILE_PASSWORD を XML ファイルに追加せず、コマンド ラインから WS1_CONFIG_FILE_PASSWORD=password として指定します。

WS1_IS_PROXY_ENABLED 1(プロキシを使用)

0(プロキシなし)

プロキシ サーバを使用するには、値を 1 に設定します。また WS1_PROXY_HOSTNAME および WS1_PROXY_PORT を指定します。

デフォルト値:0

WS1_PROXY_HOSTNAME proxyserverFQDNorIP プロキシ サーバのホスト名 (FQDN) または IP アドレス
WS1_PROXY_PORT proxyserverPort プロキシ サーバのポート
WS1_IS_PROXY_AUTHENTICATED 2(基本、つまり認証済み)

1(匿名、つまり認証なし)

プロキシ サーバで認証が必要な場合は、値を 2 に設定します。WS1_PROXY_USERNAME も指定します。

デフォルト値:1

注: サポートされるプロキシの詳細については、 Workspace ONE Access Connector 22.05 のシステム要件(Workspace ONE Access Cloud のみ)を参照してください。
WS1_PROXY_USERNAME proxyusername プロキシ サーバのユーザー名。また、WS1_PROXY_PASSWORD を使用してコマンド ラインでプロキシ サーバのパスワードを指定します。
WS1_PROXY_PASSWORD proxypassword プロキシ サーバのパスワード。XML ファイルに WS1_PROXY_PASSWORD を追加しないでください。コマンド ラインから WS1_PROXY_PASSWORD=password として指定します。
WS1_NON_PROXY_HOSTS host1|host2 プロキシ サーバを経由せずに直接接続する必要がある非プロキシ ホストの FQDN または IP アドレス。複数の非プロキシ ホストを指定するには、区切り文字 | を使用します。
WS1_IS_SYSLOG_ENABLED 1(Syslog を使用)

0(Syslog なし)

Syslog サーバを使用するには、値を 1 に設定します。WS1_SYSLOG_HOSTNAME も指定します。

デフォルト値:0

WS1_SYSLOG_HOSTNAME sysloghostname:portnumber

Syslog サーバの FQDN または IP アドレス、およびポート番号。複数のサーバを指定する場合は、エントリをカンマで区切ります。例:

server1.example.com:1111

または

server1.example.com:1111,server2.example.com:2222

WS1_TRUSTSTORE_CERTS_PATH truststoreCertificatesFolder コネクタ サーバ上のトラストストアにアップロードする証明書を含むフォルダへのパス。証明書は、インストール後にアップロードすることもできます。
WS1_USER_AUTH_PORT portnumber ユーザー認証サービスのポート

デフォルト値:8090

WS1_DIRECTORY_SYNC_PORT portnumber ディレクトリ同期サービスのポート

デフォルト値:8080

WS1_KERBEROS_AUTH_PORT portnumber Kerberos 認証サービスのポート

デフォルト値:443

WS1_APP_SYNC_PORT portnumber 仮想アプリケーション サービスのポート

デフォルト値:8008

WS1_ADD_SSL_CERT 0(自己署名証明書)

1(SSL 証明書)

必要に応じて、署名付き SSL 証明書をアップロードする場合は 1 を指定します。Kerberos 認証サービスには、署名付き SSL 証明書が必要です。0 を指定すると、自己署名証明書が自動生成されます。

デフォルト値:0

WS1_SSL_CERT “”

certFilepath

SSL 証明書へのパス。証明書ファイルは PEM または PFX 形式で指定できます。値が PEM ファイルの場合は、WS1_PRIVATE_KEY も指定します。ファイルが PFX ファイルの場合は、WS1_SSL_CERT_PASSWORD を使用してコマンド ラインでそのパスワードを指定します。
WS1_SSL_CERT_PASSWORD certificatePassword WS1_SSL_CERT の値が PFX ファイルの場合に必要です。WS1_SSL_CERT_PASSWORD を XML ファイルに追加せず、コマンド ラインから WS1_SSL_CERT_PASSWORD=password として指定します。
WS1_PRIVATE_KEY “”

pemKeyFile

PEM キー ファイルへのパス。WS1_SSL_CERT の値が PEM ファイルの場合に必要です。
IS_NET_API_LOGON_USERNAME DOMAIN\username Kerberos 認証サービスおよび仮想アプリケーション サービスを実行するために使用するドメイン ユーザー アカウント。DOMAIN\username のフォーマットを使用します。また、IS_NET_API_LOGON_PASSWORD=password を使用してコマンド ラインでパスワードを指定します。
IS_NET_API_LOGON_PASSWORD domainUserPassword ドメイン ユーザー アカウントのパスワード。IS_NET_API_LOGON_PASSWORD を XML ファイルに追加せず、コマンド ラインから IS_NET_API_LOGON_PASSWORD =password として指定します。
重要: Kerberos 認証サービスでは、ドメイン ユーザー アカウントのパスワードに次の特殊文字のみを使用できます: @!*。それ以外の特殊文字がパスワードに含まれている場合、Kerberos 認証サービスのインストールに失敗します。

フォーマット

次のフォーマットを使用して、コマンド ラインにインストール プロパティを指定します。

propertyname=value

例:

WS1_IS_PROXY_ENABLED=1

または

ADDLOCAL=UserAuthService,DirectorySyncService

次のフォーマットを使用して、XML ファイルでインストール プロパティを指定します。

<property name="propertyname" value="propertyvalue" />

例:

<property name="WS1_IS_PROXY_ENABLED" value="1" />

または

<property name="ADDLOCAL" value="UserAuthService,DirectorySyncService" />