コネクタのインストール後に Workspace ONE Access Connector サーバのホスト名を変更する場合は、新しいホスト名を使用するように、コネクタにインストールされているディレクトリ同期サービス、ユーザー認証サービス、Kerberos 認証サービス、および仮想アプリケーション サービスも更新する必要があります。

手順

  1. Workspace ONE Access Connector サーバにログインします。
  2. サーバにインストールされている各エンタープライズ サービス(ディレクトリ同期サービス、ユーザー認証サービス、Kerberos 認証サービス、または仮想アプリケーション サービス)について、INSTALL_DIR\Workspace ONE Access\enterpriseService\conf\hostname.properties ファイルを編集し、ホスト名を更新します。

    次の形式を使用します。

    {"hostName":"hostname"}
    myhost.example.com のように、 hostname を完全修飾ドメイン名として指定します。
  3. (Kerberos 認証サービスのみ)Kerberos 認証サービスの hostname.properties ファイルでホスト名を更新したら、application.properties ファイルでも更新します。
    1. INSTALL_DIR\Workspace ONE Access\Kerberos Auth Service\conf\application.properties ファイルを開いて編集します。
    2. eks.hostname 値を新しいホスト名に更新します。ホスト名を完全修飾ドメイン名として指定します。http または https プリフィックスは使用しません。たとえば、myhost.example.com となります。
  4. Workspace ONE Access によって生成された自己署名証明書を Kerberos 認証サービスに使用している場合は、createCertificate.bat スクリプトを使用して証明書を再生成します。

    コマンド ウィンドウで、次のコマンドを実行します。

    INSTALL_DIR\support\scripts\createCertificate.bat -force -install -host "hostname"
    hostname には、完全修飾ドメイン名 (FQDN) としてコネクタの新しいホスト名を指定します。
  5. エンタープライズ サービスを再起動します。
    エンタープライズ サービスが起動し、新しいホスト名を使用して Workspace ONE Access サービスに登録されます。
  6. Workspace ONE Access サービス コンソールで、新しいホスト名を認証方法およびディレクトリに関連付けます。
    1. Workspace ONE Access サービスにログインします。
    2. [コネクタ] ページに移動します。
      [新しいナビゲーション] トグルをオンにした Workspace ONE Access クラウド テナントでは、 [統合] > [コネクタ] に移動します。 [新しいナビゲーション] トグルをオフにしたテナントで、 [ID とアクセス管理] > [セットアップ] > [コネクタ] の順に移動します。
    3. 新しいコネクタ ホスト名がコネクタ リストに表示されていることを確認します。
    4. [コネクタ認証方法] ページに移動します。
      [新しいナビゲーション] トグルをオンにした Workspace ONE Access クラウド テナントでは、 [統合] > [コネクタ認証方法] の順に移動します。 [新しいナビゲーション] トグルをオフにしたテナントで、 [ID とアクセス管理] > [管理] > [コネクタ認証方法] の順に移動します。
    5. 古いホスト名に関連付けられている認証方法を選択し、[編集] をクリックします。
    6. ウィザードの [ディレクトリとホスト] ページの [サービス ホストを選択] で、新しいホスト名を選択し、古いホスト名の選択を解除します。
    7. [次へ] をクリックして変更を保存します。
    8. 古いホスト名に関連付けられている認証方法ごとに、手順 d. ~ f. を繰り返します。
    9. [ディレクトリ] ページに移動します。

      [新しいナビゲーション] トグルをオンにした Workspace ONE Access クラウド テナントでは、[統合] > [ディレクトリ] の順に移動します。[新しいナビゲーション] トグルをオフにしたテナントで、[ID とアクセス管理] > [管理] > [ディレクトリ] の順に移動します。

    10. ホスト名を変更したディレクトリ同期サービスに関連付けられているディレクトリごとに、次の変更を行います。
      1. ディレクトリをクリックします。
      2. [同期設定] をクリックします。
      3. [同期サービス] タブをクリックします。
      4. [同期サービス] リストに新しいホスト名を追加し、古いホスト名をリストから削除します。
      5. [保存] をクリックします。
    11. [仮想アプリケーションのコレクション] ページに移動します。

      [新しいナビゲーション] トグルをオンにした Workspace ONE Access クラウド テナントでは、[リソース] > [仮想アプリケーションのコレクション] の順に移動します。[新しいナビゲーション] トグルをオフにしたテナントで、[カタログ] > [仮想アプリケーションのコレクション] の順に移動します。

      仮想アプリケーションのコレクションごとに次の変更を行います。

      1. 仮想アプリケーションのコレクションを選択し、[編集] をクリックします。
      2. 編集ウィザードの [コネクタ] ページで、新しいホスト名を [コネクタ] リストに追加し、古いホスト名を削除します。
      3. 変更を保存します。
    12. [コネクタ] ページに移動して、古いホスト名を持つコネクタ エントリを選択し、[管理] をクリックして、すべてのサービスを削除します。