hznAdminTool スクリプトを使用して、VMware Identity Manager サービス管理者ユーザーのパスワード、および VMware Identity Manager 管理コンソールのパスワード(オペレータパスワードとも呼ばれる)を変更できます。

  • VMware Identity Manager サービスの管理者ユーザー パスワードは、構成設定ページ (https://vIDMhostnameFQDN:8443/cfg/) にアクセスするためのパスワードです。
  • VMware Identity Manager 管理コンソールのパスワードは、VMware Identity Manager 管理コンソール (https://vIDMhostnameFQDN/admin/) にアクセスするためのパスワードです。

VMware Identity Manager サービスの管理者ユーザー パスワードは、https://vIDMhostnameFQDN:8443/cfg/changePassword の構成設定ページから変更することもできます。ただし、ログインができず、パスワードをリセットする必要がある場合は、hznAdminTool スクリプトを使用してパスワードをリセットすることができます。

VMware Identity Manager 管理コンソールでは、パスワードを変更するための唯一の方法として、hznAdminTool スクリプトを使用します。

手順

  1. root として、VMware Identity Manager 仮想アプライアンス ホストにログインします。
  2. どのパスワードをリセットするかに応じて、適切なコマンドを実行します。

    コンソール関連パスワードは、6 文字以上にする必要があります。ただし、必ず強度の高いパスワードを作成してください。強度の高いパスワードにするには、少なくとも 8 文字以上の長さで、大文字と小文字が含まれ、少なくとも 1 つの数字および特殊文字が含まれる必要があります。

    オプション 説明
    VMware Identity Manager サービス管理者ユーザー パスワード /usr/sbin/hznAdminTool setSystemAdminPassword
    VMware Identity Manager 管理コンソール パスワード(またはオペレータ パスワード)

    /usr/sbin/hznAdminTool setOperatorPassword

    新しいパスワードを求められます。
  3. 新しいパスワードを入力します。