VMware Identity Managerアウトバウンド専用接続モード コネクタに基づく環境において、インバウンド接続モードが必要な内部ユーザーに対して Kerberos 認証を追加できます。内部ネットワークからのユーザーの Kerberos 認証と、外部からアクセスされるユーザーの別の認証方式に対して、同じコネクタを使用するように構成できます。これは、ネットワーク範囲に基づいて認証ポリシーを定義することで可能です。

図 1. Kerberos 認証の追加

Kerberos 認証の追加

Kerberos 認証の高可用性環境を構成するプロセスは異なります。

詳細については、VMware Identity Manager Connector 導入環境への Kerberos 認証サポートの追加を参照してください。