コネクタ仮想アプライアンスを展開したら、VMware Identity Manager コンソールでディレクトリをセットアップします。ユーザーとグループを、エンタープライズ ディレクトリから VMware Identity Managerサービスに同期できます。

VMware Identity Manager は、次の種類のディレクトリとの統合をサポートします。

  • LDAP 経由の Active Directory
  • Active Directory、統合 Windows 認証
  • LDAP ディレクトリ

詳細については、「VMware Identity Manager とのディレクトリ統合」を参照してください。

注: また、 VMware Identity Managerサービスでローカル ディレクトリを作成することもできます。詳細については、『 VMware Identity Manager の管理』の「ローカル ディレクトリの使用」を参照してください。

手順

  1. [セットアップが完了しました] ページのリンクをクリックします。このページは、コネクタを有効にした後に表示されます。
    [ID とアクセス管理 ] > [ディレクトリ] タブが表示されます。
  2. [ディレクトリを追加] をクリックして、追加するディレクトリの種類を選択します。
  3. ウィザードに従って、ディレクトリ構成情報を入力し、同期するグループとユーザーを選択し、ユーザーを VMware Identity Manager サービスと同期します。
    ディレクトリの設定方法については、『 VMware Identity Manager とのディレクトリ統合』を参照してください。

次のタスク

[ユーザーとグループ] タブをクリックし、ユーザーが同期されていることを確認します。