VMware Identity Manager 仮想アプライアンスをオンラインでアップグレードする前に、前提条件となる次のタスクを実行します。

  • 潜在的なネットワーク損失を防ぐには、https://kb.vmware.com/s/article/83587の手順を実行します。
  • 更新する前に、仮想アプライアンスの状態全体をキャプチャするには、仮想アプライアンスのスナップショットを作成します。

    スナップショットの取得方法の詳細については、『vSphere 仮想マシン管理』ガイドを参照してください。

  • VMware Identity Manager 3.3.2 からアップグレードする場合は、まず 3.3.2 から 3.3.5 へのオフライン アップグレードを実行してから、3.3.5 から 3.3.6 にアップグレードする必要があります。3.3.2 から 3.3.5 へのアップグレードの場合は、各ノードで service elasticsearch stop コマンドを実行して Elasticsearch クラスタ全体をシャットダウンする必要があります。

    Elasticsearch クラスタ全体をシャットダウンすると、一致しないバージョンが実行されるのを防ぎながら、Elasticsearch バージョンをアップグレードできます。

    バージョン 3.3.2 から 3.3.5 へのアップグレードの詳細については、『Upgrading to VMware Identity Manager 3.3.5 (Linux)』を参照してください。

  • Microsoft SQL データベースで db_owner ロールを取り消した場合は、3.3 バージョンの『VMware Identity Manager for Linux のインストールと構成』ガイドの説明に従って、アップグレードを実行する前に追加し直す必要があります。そうしない場合、アップグレードは失敗します。

    db_owner ロールを、インストール中に使用されたのと同じユーザーに追加します。

    1. sysadmin の権限を持ったユーザーとして Microsoft SQL Server Management Studio にログインします。
    2. VMware Identity Manager のデータベース インスタンスに接続します。
    3. 次のコマンドを入力します。

      Windows 認証モードを使用している場合は、次のコマンドを使用します。

      USE <saasdb>;
      ALTER ROLE db_owner ADD MEMBER <domain\username>; GO 
      						  

      <saasdb> をデータベース名に置換し、<domain\username> を関連するドメインとユーザー名に置換します。

      SQL サーバ認証モードを使用している場合は、次のコマンドを使用します。
      USE <saasdb>;
      ALTER ROLE db_owner ADD MEMBER <loginusername>; GO 
      						  

      <saasdb> をデータベース名に置換し、<loginusername> を関連するユーザー名に置換します。

  • 適切なスナップショットを取得します。
    • デプロイでの各 VMware Identity Manager アプライアンスのスナップショットを作成します。
    • 外部 Microsoft SQL データベースを使用している場合は、その外部データベースのスナップショットまたはバックアップを取得します。
  • 仮想アプライアンスが、HTTP を介してポート 80 および 443 で vapp-updates.vmware.com を解決してアクセスできることを確認します。
  • アウトバウンドの HTTP アクセスのために HTTP プロキシ サーバが必要な場合は、仮想アプライアンスのプロキシ サーバ設定を構成します。VMware Identity Manager アプライアンスのプロキシ サーバ設定を構成するを参照してください。
  • SSL 証明書の要件を満たしていることを確認します。

    VMware vRealize Automation 8.4 で VMware Identity Manager を使用している場合は、vRealize Automation 8.4 を使用してテナントインホスト名マルチテナントを有効化する の指示に従って SSL 証明書を構成します。

  • 仮想アプライアンスで少なくとも 10 GB の空きディスク容量 (/dev/sda) が使用可能であることを確認します。
  • オンライン アップグレードのためのディレクトリ容量の要件を満たしていることを確認します。
    表 1. 3.3.2 から 3.3.5 にアップグレードするためのディレクトリ容量の要件
    ディレクトリ 使用可能な最小容量
    / 2 GB
    /var 3 GB
    注: dualbootupdate.tar.gz ファイルを /var ディレクトリにダウンロードする場合、最低 7 GB の使用可能な容量が必要です。
    dualbootupdate ファイルをダウンロードするディレクトリ(該当する場合) 7 GB

    vRealize Suite Lifecycle Manager を使用してオフライン アップグレードを実行する場合は、dualbootupdate.tar.gz ファイルをダウンロードする必要があります。

    表 2. 3.3.3、3.3.4 または 3.3.5 から 3.3.6 にアップグレードするためのディレクトリ容量の要件
    ディレクトリ 使用可能な最小容量
    / 4 GB
  • VMware Identity Manager 3.3.2 からアップグレードする場合は、まず 3.3.2 から 3.3.5 へのオフライン アップグレードを実行してから、3.3.5 から 3.3.6 にアップグレードする必要があります。3.3.2 から 3.3.5 へのアップグレードの場合は、my.vmware.comVMware Identity Manager 3.3.5 製品ダウンロード ページから VMware Identity Manager Service Virtual Appliance Dual Boot Update をダウンロードし、VMware Identity Manager仮想アプライアンスの任意のディレクトリにファイルを保存する必要があります。

    VMware Identity Manager 3.3.3 は、SUSE Linux Enterprise Server (SLES) オペレーティング システムから VMware Photon™ オペレーティング システムに切り替えました。したがって、VMware Identity Manager 3.3.3、3.3.4、3.3.5 および 3.3.6 はすでに Photon を使用していますが、3.3.2 は使用していません。VMware Identity Manager Service Virtual Appliance Dual Boot Update のダウンロードには、Photon オペレーティング システムとそのパッケージを含む dualbootupdate.tar.gz ファイルが含まれています。アップグレード プロセスでは、SLES から Photon にオペレーティング システムを移行するときに、dualbootupdate.tar.gz ファイルを使用します。

    バージョン 3.3.2 から 3.3.5 へのアップグレードの詳細については、『Upgrading to VMware Identity Manager 3.3.5 (Linux)』を参照してください。