このセクションでは、Workspace ONE の ID プロバイダとして Okta を構成するプロセスについて説明します。この構成は、仮想化されたアプリケーションへの効率的なアクセスを実現したり、Workspace ONE のアプリケーションで Okta の拡張可能な多要素認証を利用可能にしたり、ユーザーおよび管理者のログインを一貫した使いやすい仕様にするために使用できます。

この構成は、Workspace ONE の ID コンポーネントである VMware Workspace ONE Access で行います。