Okta 管理コンソールで VMware Workspace ONE SAML アプリケーションを追加して構成します。

注: Okta 開発者ダッシュボードを使用している場合は、最初にクラシック UI に切り替えます。左上に [<> 開発者] プロンプトが表示された場合は、そのプロンプトをクリックし、 [クラシック UI] を選択してクラシック UI に切り替えます。このドキュメントのすべてのタスクにクラシック UI を使用します。

手順

  1. Okta 組織にログインして管理者ユーザー インターフェイスに移動します。
  2. [アプリケーション] > [アプリケーション] の順に移動します。
  3. [アプリケーション カタログを参照] をクリックします。
  4. [VMware Workspace ONE] を検索します。
    VMware Workspace ONE アプリケーションの情報ページが表示されます。
  5. [追加] をクリックします。

    イメージには VMware Workspace ONE アプリケーション ページが表示され、このページにはアプリケーションの概要情報があり、[追加] ボタンが含まれています。
  6. [VMware Workspace ONE の追加] ページで、[全般設定][ベース URL] テキスト ボックスに Workspace ONE Access テナントの URL を入力します。
    例:https://example.vmwareidentity.com または https://example.workspaceoneaccess.com

    [VMware Workspace ONE の追加] ページの [全般設定] タブには、値の例があります。アプリケーション ラベルは VMware Workspace ONE で、ベース URL は https://example.vmwareidentity.com です。
  7. [終了] をクリックします。
  8. [サインオン] タブを選択します。
  9. [設定] セクションの [SAML 2.0] で、[ID プロバイダ メタデータ] リンクを右クリックし、リンクをコピーします。


    次のタスクの Workspace ONE Access での ID プロバイダの作成でこの情報が必要になります。

  10. [割り当て] タブを選択し、Workspace ONE Access にアクセスする必要があるユーザーまたはグループにアプリケーションを割り当てます。
    最初に少数のユーザーにアプリケーションの割り当てを行い、統合をテストすることができます。
    イメージに [割り当て] タブが表示されます。