Workspace ONE カタログで Okta アプリケーションをユーザーに提供することで、ユーザーはすべてのアプリケーションに 1 つの場所からアクセスできるようになります。ユーザーは、Workspace ONE Intelligent Hub アプリケーション、Workspace ONE アプリケーション、または Web ポータルから Okta アプリケーションおよびその他のアプリケーションにアクセスできます。

Okta アプリケーションを Workspace ONE カタログに統合するには、Workspace ONE Access で Okta をアプリ ソースとして構成し、Okta テナントの詳細を Workspace ONE Access コンソールに入力します。Workspace ONE Access カタログに個々の Okta アプリケーションを追加する必要はありません。

エンド ユーザーが Workspace ONE にログインすると、使用資格を付与された Okta アプリケーションが、他のアプリケーションとともにカタログに自動的に表示されます。

ユーザーが Workspace ONE にログインするたびに、Workspace ONE Access は構成した Okta テナント情報を使用して Okta テナントに接続し、アプリケーションとユーザー資格を取得します。ユーザーが Okta アプリケーションをクリックすると、Workspace ONE Access はアプリ ソースの構成を使用してアプリケーションを起動します。

アプリケーションとユーザー資格は、Workspace ONE Access コンソールではなく、Okta 管理コンソールで管理します。Okta 管理コンソールでアプリケーションまたは資格を追加または削除すると、変更内容がエンド ユーザーのカタログに直接複製されます。Okta アプリケーションは Workspace ONE Access 管理コンソールに表示されません。

この統合は、次のタイプの Okta アプリケーションをサポートします。

  • SAML 2.0
  • WS-フェデレーション
  • ブックマーク
  • OpenID Connect

このセクションのタスクに進む前に、Workspace ONE Access で Okta アプリ ソースが構成されていることを確認してください。Workspace ONE Access でのアプリ ソースの構成を参照してください。