Workspace ONE Access で OAuth 2.0 クライアントを作成したら、OAuth ベアラー トークンを生成します。

前提条件

Postman アプリケーションをダウンロードしてインストールします。https://getpostman.com から Postman をダウンロードできます。

手順

  1. Postman アプリケーションで新しいタブを開きます。
  2. HTTP メソッドで、[POST] を選択します。
  3. URL で、次のように入力します。
    https://tenanturl/SAAS/jersey/manager/api/connectormanagement/directoryconfigs
    次のようにして、 tenanturl を Workspace ONE Access の URL と置き換えます。
    https://example.vmwareidentity.com/SAAS/jersey/manager/api/connectormanagement/directoryconfigs
  4. [認証] タブをクリックし、タイプとして [OAuth 2.0] を選択します。

    イメージには、OAuth 2.0 が選択された [タイプ] ドロップダウン メニューが表示されます。
  5. [新規トークンの構成] セクションで、必要な情報を入力します。
    1. [トークン名] には、WorkspaceONE などの名前を入力します。
    2. [認証タイプ] には、[クライアント認証情報] を選択します。
    3. [アクセス トークン URL] には、https://tenantURL/SAAS/auth/oauthtoken と入力します。ここで tenantURL は Workspace ONE Access のテナント URL です。
      例:https://example.vmwareidentity.com/SAAS/auth/oauthtoken
      注: Workspace ONE Access は旧名 VMware Identity Manager です。古いテナントにはドメイン名 vmwareidentity.com があり、新しいテナントにはドメイン名 workspaceoneaccess.com があります。
    4. [クライアント ID] には、OAuth 2.0 クライアントの作成で設定したクライアント ID を入力します。
    5. [クライアント シークレット] には、OAuth 2.0 クライアントの作成で生成されたシークレットを入力します。
      注: クライアントの作成中にシークレットをコピーしなかった場合は、シークレットを再生成できます。シークレットを再生成するには、 Workspace ONE Access コンソールの [設定] > [OAuth 2.0 管理] ページに移動し、クライアントを選択して、クライアント ページで [シークレットの再生成] をクリックします。
    6. [範囲] には、admin と入力します。
    例:
    値の例を含む [新規トークンの構成] セクションが表示されます
  6. [新規アクセス トークンの取得] をクリックします。
    トークンが生成されて、表示されます。
  7. ベアラー トークンが追加されたことを確認するには、[ヘッダー] タブをクリックし、[非表示のヘッダー] をクリックします。
    非表示のヘッダー
    ベアラー トークンが表示されます。

    ベアラー トークン

  8. ベアラー トークンが追加されていない場合は、[認証] タブに戻り、[使用可能なトークン] のドロップダウン リストからトークンを選択して、もう一度確認します。