新しいバージョンの Workspace ONE Access Desktop がリリースされたら、お使いの展開環境の各 Workspace ONE Access 仮想アプライアンスに、VMware ダウンロード ページから zip ファイルをコピーしてインストールします。各仮想アプライアンスで check-client-updates.pl コマンドを実行し、インストーラ ファイルを展開して Tomcat サービスを再起動します。

前提条件

  • ユーザーが Workspace ONE Access Desktop アプリケーションをインストールして自動的に更新するには、コンピュータの管理者権限が必要です。ユーザーが管理者権限を持っていない場合は、ソフトウェア配布ツールを使用して、アプリケーションを更新し、ユーザーに配布できます。
  • Workspace ONE Access 仮想アプライアンスの再起動によってユーザー アクセスが中断される可能性があるため、これらのインストーラ ファイルを仮想アプライアンスに追加する操作をメンテナンス ウィンドウ中に実行するようにスケジュールします。

手順

  1. Workspace ONE Access 仮想アプライアンスにアクセスできるコンピュータに、[VMware Customer Connect] の [ダウンロード] ページから Workspace ONE Access Desktop の zip ファイルをダウンロードします。
  2. 仮想アプライアンスの一時的な場所に zip ファイルをコピーします。例:
    scp filen.n.n-nnnnnnn.zip root@WorkspaceONEAccess-va.com:/tmp/
  3. 仮想アプライアンスに root ユーザーとしてログインします。
  4. 新しい zip ファイルを解凍し、それをダウンロード ディレクトリにインストールします。
    /usr/local/horizon/scripts/ check-client-updates.pl --install --clientfile /tmp/ file.n.n.n-nnnnn.zip

    このスクリプトはファイルを自動的に解凍して、Windows コンピュータ用の Workspace ONE Access Desktop インストーラ ファイルを /opt/vmware/horizon/workspace/webapps/ROOT/client ディレクトリにコピーします。これにより /opt/vmware/horizon/workspace/webapps/ROOT/client/cds ディレクトリが自動的に更新され、またダウンロード リンクの URL パラメータ値が更新されます。

  5. 仮想アプライアンス上の Tomcat サービスを再起動します。
  6. お使いの環境にある Workspace ONE Access 仮想アプライアンスごとにこれらの手順を繰り返します。
    ユーザーは、自分自身の Workspace ONE Access アカウントまたはダウンロード リンク (https:// WorkspaceONEAccessFQDN/download) から Workspace ONE Access Desktop アプリケーションをダウンロードできます。 Workspace ONE Access Desktop アプリケーションは、ユーザーが新しいバージョンをダウンロードすると自動的に更新されます。