ビジネスのニーズに応じて、Citrix と Workspace ONE Access の統合のための Integration Broker の 1 つまたは複数のインスタンスを展開します。ここで説明する展開モデルは、一般的なシナリオに基づいて行います。

事前検証の環境

事前検証の環境では、統合プロセスとエンド ユーザー エクスペリエンスに慣れる目的でいくつかの Citrix 公開アプリケーションのみを Workspace ONE Access 内に構成しますが、その場合単一の Integration Broker インスタンスを設定することをお勧めします。仮想アプリケーションのコレクション内の同期 Integration Broker および SSO Integration Broker と同じ Integration Broker インスタンスを選択します。


事前検証モデル

テスト環境

小規模なテスト環境で同期と起動を含むフロー全体をテストする場合、2 つの Integration Broker インスタンスを展開し、1 つをリソースと資格の同期、もう 1 つをリソースの起動に使用することをお勧めします。このシナリオでは、通常いくつかのアプリケーションのみを統合し、多数のユーザーが同時にアプリケーションを起動することは想定しません。

インスタンスの 1 つを仮想アプリケーションのコレクションの同期 Integration Broker として選択し、もう 1 つを SSO Integration Broker として選択します。


テスト環境モデル

本番環境

本番環境では、高可用性とロード バランシングの目的でロード バランサの背後に Integration Broker インスタンスのクラスタを設定することをお勧めします。Integration Broker インスタンスの 1 つが使用できない場合、要求はクラスタ内の別のインスタンスにリダイレクトされるので、同期と起動は引き続き使用可能になります。

仮想アプリケーションのコレクションの [同期 Integration Broker] および [SSO Integration Broker] フィールドに、ロード バランサ情報を入力します。


本番環境モデル

大規模な本番環境

多数のアプリケーションを統合し、大量のトラフィックが発生する大規模な本番環境では、同期と起動にそれぞれ個別の Integration Broker クラスタを設定することをお勧めします。ロード バランサの背後に各クラスタを設定します。この設定によって、特定のニーズに基づいてインスタンスの数を柔軟に増やすことができます。たとえば、同時に実行される起動の数が多いために遅延が発生する場合は、起動に使用されるクラスタに Integration Broker インスタンスを追加できます。

仮想アプリケーションのコレクションの [同期 Integration Broker] および [SSO Integration Broker] フィールドに、適切はロード バランサを入力します。

注: 起動のみに使用され、同期に使用されない Integration Broker インスタンスの場合は、Citrix PowerShell Remoting を設定する必要はありません。また、StoreFront REST API を使用して Citrix サーバ ファームに接続する場合は、Citrix Web Interface SDK をダウンロードする必要はありません。

大規模な環境モデル