仮想アプリケーションのコレクションを介して Workspace ONE Access と統合する Horizon ポッドをセットアップするときは、これらの要件を満たしていることを確認します。

  • Horizon Connection Server を、デフォルト ポート 443 またはカスタム ポートに展開します。
  • セットアップ内の各 Horizon Connection Server に対し、逆引きで解決できる DNS エントリと IP アドレスがあることを確認します。Workspace ONE Access では、Horizon Connection Server、Horizon Security Server、およびロード バランサに逆引きが必要です。逆引きが正しく構成されていないと、Workspace ONE Access の Horizon 統合が失敗します。
  • Horizon のプールとデスクトップを展開し、Active Directory のユーザーとグループの資格セットを使用するように構成します。ユーザーに正しい使用資格が付与されていることを確認します。
  • デスクトップ プールの構成時は、[リモート設定] の [切断されたら自動的にログオフ] オプションを、[すぐに実行] ではなく、1 分か 2 分に変更します。
  • プールを必ず Horizon server の root フォルダに作成します。ルート以外のフォルダにプールを作成すると、Workspace ONE Access はそれらの Horizon のプールや資格を照会することができません。
  • Horizon Connection Server 上の SAML メタデータの有効期間を 1 年に延長することをお勧めします。詳細については、「View Connection Server でのサービス プロバイダ メタデータの有効期間の変更」を参照してください。