Web アプリケーションの設定は、Workspace ONE Access コンソールの [カタログ] > [Web アプリケーション] > [設定ページ] で利用できます。アプリケーションの承認フローを有効にし、SAML メタデータを管理し、サードパーティの ID プロバイダをアプリ ソースとして構成できます。

設定 説明
[承認] 承認が有効な場合、Workspace ONE カタログのアプリケーションを使用する前に、ユーザーはアプリケーションへのアクセス権を要求する必要があります。

承認の設定方法については、『Workspace ONE Access の管理』を参照してください。

[SAML メタデータ] [SAML メタデータのダウンロード] タブから、自己署名済み Workspace ONE Access SAML 署名証明書と SAML メタデータをダウンロードできます。サードパーティ認証局 (CA) から証明書を取得するには、[CSR の生成] タブから証明書署名要求 (CSR) を生成し、証明書を取得して、同じタブにアップロードします。

SAML メタデータの管理の詳細については、『Workspace ONE Access の管理』の「カタログの管理」を参照してください。

[アプリ ソース] OKTA や ADFS などの特定のサードパーティの ID プロバイダをアプリ ソースとして構成し、関連付けられたアプリケーションをカタログに追加することができます。

アプリ ソースの設定の詳細については、Workspace ONE Access でサードパーティの管理対象アプリケーションへのアクセスを提供を参照してください。