同期のセーフガードのしきい値設定を構成することにより、Workspace ONE Access ディレクトリがエンタープライズ ディレクトリと同期するときにユーザーとグループに加えられる変更の数が制限されます。ディレクトリ セーフガードのしきい値を満たした場合、ディレクトリの同期は停止します。

注: 同期のセーフガード機能を使わない場合、ドロップダウン メニューから値を削除します。同期のセーフガードのしきい値のテキスト ボックスが空白の場合、同期のセーフガードは無効になります。

手順

  1. Workspace ONE Access コンソールで、[統合] > [ディレクトリ] の順に選択します。
  2. セーフガードを設定するディレクトリを選択してから、[同期設定] をクリックします。
  3. [セーフガード] タブをクリックします。
  4. 同期が失敗するトリガーの変更割合 (%) を設定します。
  5. [[保存]] をクリックします。