セーフガード違反のために Workspace ONE Access ディレクトリ同期が完了しなかったという通知を受け取った場合は、セーフガードの設定をオーバーライドして同期を完了できます。

手順

  1. Workspace ONE Access コンソールで、[統合] > [ディレクトリ] の順に選択します。
  2. 同期が完了しなかったディレクトリをクリックします。
  3. [同期] ドロップダウン メニューから [セーフガードを使用しない同期] を選択します。

結果

ディレクトリ同期が実行され、この同期化セッションに限定してセーフガードしきい値の設定が無視されます。