Active Directory では認証マッピングを使用できます。証明書およびスマート カードによるログインでは、Active Directory のユーザー プリンシパル名 (UPN) を使用して、ユーザー アカウントが検証されます。Workspace ONE Access サービスでの認証を試行するユーザーの Active Directory アカウントには、証明書の UPN と一致する有効な UPN が関連付けられている必要があります。

証明書に UPN が存在しない場合、メール アドレスを使用してユーザー アカウントを検証するように、Workspace ONE Access Connector を構成できます。

また、別の UPN タイプを有効にして使用することもできます。